薄さ2mmの老眼鏡「Paperglass」が香港で話題

paperglass_top.jpg

 

薄さ 2mm の老眼鏡「Paperglass」がついに香港上陸!
香港PMQ「GOOD DESIGN STORE」にて販売開始


株式会社西村プレシジョン(福井県鯖江市) は5月1日、香港PMQ「GOOD DESIGN STORE」にて、薄さ2mmの老眼鏡「Paperglass ( ペーパーグラス )」の海外販売をスタートさせました。

Paperglassの認知の広がりに伴い、海外からのお問い合わせも増加。そのような状況をうけ、株式会社西村プレシジョンは、「世界中のお客様にPaperglassを届けたい」という思いから、海外での販売を計画していました。

 

sub1.jpgPaperglassの知名度を大きく引き上げるきっかけとなった2013年度グッドデザイン賞「グッドデザイン・ものづくりデザイン賞」の受賞。そのグッドデザイン賞を主催する公益財団法人日本デザイン振興会が、海外で初となるグッドデザイン賞の常設の販売・発信拠点「GOOD DESIGN STORE」を、香港の新しいクリエイティブ総合施設であるPMQに5月1 日にオープンしました。

初日に購入される方もおり、その後も順調に販売数を重ねていることから、香港におけるPaperglassの認知拡大が期待されます。
 

 

sub2.jpg同店では現在、フレームタイプ・オーバルの「イエローゴールド(香港限定カラー)」及び「レッド」を販売。今後、国内と同等のフルラインナップでの販売も視野に入れています。

香港「GOOD DESIGN STORE」での販売開始を海外販売の第一歩として、アジア、ヨーロッパなど販路拡大を目指します。
 

Paperglassホームページ    http://www.paperglass.jp/

<お問い合わせ先>
株式会社 西村プレシジョン 
TEL : 0778-51-0127 受付時間 : 9:00~17:00( 土日祝日を除く )
商品お取り扱いに関して : contact@paperglass.jp

 

 

<参考資料>

「PMQ」について(JDPウェブサイトより抜粋)

sub3.jpgGOOD DESIGN STOREが入居する商業施設PMQは、香港のクリエイティブインダストリーを牽引するためのハブとして新たに開設されました。"Conserving Central"と呼ばれる、セントラル地区の歴史的建物を 保存し、クリエイティブ産業振興に活用しようという政府計画の8つのプロジェクトの中で一番最初に実現した施設です。
現在、PMQはプレオープン段階で全体の2/3弱が営業している状況ですが、6月末のグランドオープンには、委員会によってセレクトされた100を超えるデザイナー、クリエイターによる「スタジオ」(工房兼ショップスペース)や、レストランやカフェ、「cube」とよばれるイベントスペースなどが全面開業となります。
 

sub4.jpg

「PMQ」という名前は、この施設がもともと既婚者用警察官舎「Police Married Quarters」であったことに由来します。PMQはこの建物を解体せずにリノベーションし、住戸をスタジオとして利用しています。警察官舎ができる以前は、中国建国の父といわれる孫文らが通った学校Central Schoolがあった場所であ り、香港にとって重要な歴史的背景をもった場所といえます。
 

 

sub5.jpg「GOOD DESIGN STORE」について(JDPウェブサイトより抜粋)

GOOD DESIGN STOREは、グッドデザイン賞とジャパンデザインに関する販売ストア兼ショウルームとして、定常的な情報発信を目的に開設しました。オープン時点で80点ほどの商品を取り扱っており、これ以降は年数回の販売商品の入替を予定しています。またスペース内にギャラリーを併設し、グッドデザイン賞受賞企業やデザイナーのプロモーションの場としても活用していく予定です。

公式Facebookページ https://www.facebook.com/gooddesignstore
 

※この記事の画像は、ペーパーグラス画像3点を除き、公益財団法人日本デザイン振興会の提供です。
 

(文:インテリア情報サイト編集部-9  /  更新日:2014.05.29)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ