アマン東京”いちご畑”をイメージしたアフタヌーンティー『ストロベリーガーデン』をご提供

 

 

アマン東京
旬の苺をたっぷりと楽しむ ”いちご畑”をイメージしたアフタヌーンティー
『ストロベリーガーデン』をご提供

2021年1月14日(木)から4月20日(火)まで

 

 

 

アマン東京 では、33階のザ・ラウンジ by アマンにて、フレッシュな苺をふんだんに使ったアフタヌーンティー、『ストロベリーガーデン』(5,900円 税・サ別)を、2021年1月14日(木)から4月20日(火)までご提供いたします。甘く香る爽やかな酸味の苺と、さまざまな食材のハーモニーを、豊富なセレクションの紅茶とともにご堪能ください。


アマン東京
https://www.aman.com/ja-jp/resorts/aman-tokyo/seasonal-promotions

 


「ザ・ラウンジ by アマン」のダークカラーのインテリアに合わせて作られた、エグゼクティブペストリーシェフ宮川佳久によるシックな大人のアフタヌーンティーは、トランクで運ばれてくる焼き菓子をセレクトするスタイルが好評です。


中でも特に人気なのは、国産の苺で作られた繊細なスイーツとセイボリーが並ぶ特製の黒竹スタンドとジュエリーボックスを、フレッシュな苺とスイーツが華やかに彩る苺のアフタヌーンティー。今年は“いちご畑”をテーマにし、さらに苺づくしの内容でご提供いたします。

33階の窓一面に広がる東京の景色が開放的な空間で、みずみずしい苺の甘い香りと爽やかな酸味に、ひと足早く春の訪れを感じる優雅なひとときをお楽しみください。

 

 

| アマン東京 ストロベリーアフタヌーンティー 『ストロベリーガーデン』

<上段> 


アミューズには、爽やかな酸味の冷たいミックスベリーのスープをお持ちし、シャンパンのエスプーマを使ってお客さまのテーブルで仕上げます。アマン東京特製黒竹スタンドのトレー上段を彩るのは、可愛らしい苺の小さなパフェ。苺のスライスを綺麗に並べたグラスに、苺のコンポートとフロマージュブランのムース、ピスタチオを加えカシスのチュイルを添えています。シュトロイゼルのサクサクとした食感をお楽しみください。

・ミックスベリースープ シャンパンエスプーマ
・苺とフロマージュブランの小さなパフェ

 

<中段>

中段には、苺の酸味を引き立てる、甘いホワイトチョコレートのガナッシュや、香ばしいピスタチオカスタードクリーム、華やかに香るローズ風味のクリーム、まろやかな酸味のクリームチーズを使用した4種のタルトが並びます。

苺とホワイトチョコレートのタルト、
苺とピスタチオのタルト、
苺と薔薇のタルト、
苺とクリームチーズのタルト


そして、”いちご畑“をイメージして国産の苺をたっぷりと敷き詰めた、アマン東京特製ジュエリーボックスの中から、お好みの2粒のフレッシュな苺と、2つのプチスイーツを、トレーに追加いたします。ラズベリー味のパートドフリュイ、バニラのディアマン、苺のマカロン、苺のコンフィチュールを絞ったミロワールなど、こだわりのスイーツからお選びください。

 

<下段>

セイボリーも、一つひとつに苺を使用し、苺の風味を生かしてプレミアムな食材と合わせました。甘酸っぱい苺のゼリーが塩気を引き立てるチキンリエット、鴨のローストやサーモンを苺とともにあしらった抹茶ワッフル、苺の綿あめで華やかに彩られたカニのサラダなど、苺の甘さで味わいが引き立つ食材を使用したフィンガーフードをご堪能ください。

・抹茶ワッフルと苺のサンドイッチ、
・サーモン ホイップバター 鴨のロースト
チ・キンリエット 苺のゼリー
・苺とピスタチオの大福
・ミックスベリーのガストリック ブリーチーズのエスプーマ
・小さな綿あめと蟹サラダ 苺のマリネ

・スコーン
プレーンとベリーのスコーン クロテッドクリームと自家製ジャム2種


また、紅茶のセレクションも、最高級茶葉を使用したドイツの老舗紅茶ブランド、「ロンネフェルト」より、豊富なラインナップをご用意しております。お好みの紅茶またはコーヒーをお選びください


アマン東京 ストロベリーアフタヌーンティー 『ストロベリーガーデン』
価格: 5,900円 (税・サービス料別途)
期間: 2021年1月14日(木) から4月20日(火)まで
時間: 12pm - 5pm(最終入店) ※アフタヌーンティーのお席は2時間半まで
場所:  アマン東京33階  「ザ・ラウンジ by アマン」
お問合わせ:   レストラン予約03-5224-3339 (10am - 7pm)
https://www.aman.com/ja-jp/resorts/aman-tokyo/seasonal-promotions


 

 


アマン東京 エグゼクティブ ペストリー シェフ 宮川佳久 (みやがわよしひさ)

フランスでの修行を経て、都内の菓子店やラグジュアリーホテルのペストリー部門に勤務。2014年の開業より、アマン東京にてペストリーシェフを務め、3つの料飲施設のデザートをはじめギフトアイテムのチョコレートやスイーツなどホテル内全てのペストリーを監修。またアマングループ内でも上海のアマンヤンユンの立ち上げでペストリー部門を指揮し、アマンのペストリーシェフのマスタークラスをアマンプリで行いました。「ザ・ラウンジ by アマン」のアフタヌーンティーは、発表以来、独創的でエレガントなアフタヌーンティーとして好評で、繊細な味にシックな雰囲気が伴う焼き菓子やケーキも人気を博しています。

 

 

アマン東京とは


「アマン東京」は2014年12月22日にアマン初の都市型ホテルとして、日本で初めて開業いたしました。高層複合ビル大手町タワーの最上階部33階から38階に、木と石と和紙による、日本の伝統文化と現代性を兼ね備えた広々とした静かな空間を提供しています。客室数84室、高い天井高を持つガーデンラウンジを始め、レストラン、シガーラウンジを併設したバーラウンジ、1階別棟のカフェ、カウンター8席の鮨店、そして8室のトリートメントスイート、30メートルの屋内プールやフィットネスジムを持つアマン・スパなどを擁し、そのどこからでも東京の眺望や自然をご堪能いただけます。
 

 


アマンとは

アマンは、プライベートな邸宅にいるかのような心温まるもてなしと、常に小規模であること、そして美しさの際立つラグジュアリーで非日常的な体験のできるプライベートなリゾート・コレクションとして1988年に創設されました。そのコンセプトは、初のリゾートとして誕生したプーケット島のアマンプリ(平和なる場所)から、世界へと発信されていき、現在、アマンは、ブータン、カンボジア、中国、ドミニカ共和国、フランス、ギリシャ、インドネシア、インド、イタリア、日本(ニセコ2023)、ラオス、メキシコ(2021)、モンテネグロ、モロッコ、フィリピン、サウジアラビア(2023)、スリランカ、タイ(バンコク2022)、トルコ、タークス&カイコス諸島、北米(ニューヨーク2021、マイアミ2023)の22のデスティネーションにて41軒(2023年までの開業予定を含む)のリゾートを展開しています。
 

アマン東京
https://www.aman.com/ja-jp/resorts/aman-tokyo/seasonal-promotions

 

 

 

 

(文:PR-H_PR制作部-5  /  更新日:2021.01.15)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ