nendoが考える“すこし未来のクルマ「coen car」”「東京クリエイティブサロン」にてお披露目

 

nendoが考える“すこし未来のクルマ「coen car」”

2020年3月15日(日)~31日(火)の東京クリエイティブサロンにて、
すこし未来のクルマ「coen car」を展示

 

 

デザインオフィス nendoは、2020年3月15日(日)~31日(火)期間、代官山で開催の「東京クリエイティブサロン」にて、すこし未来のクルマ「coen car」を展示します。
 

「東京クリエイティブサロン」は、東京をパリ、ミラノ、ニューヨーク、ロンドンに次ぐ、ファッション都市の一つとして位置づけることを目指した、東京5つの会場(日本橋、銀座、渋谷、代官山、丸の内)で開催の国内最大級のファッション・アートイベントです。これまで、各エリアそれぞれで⾏われていたファッションイベントやアートイベントを、世界に向けて東京のクリエイティビティを強く発信するという共通の目的のもとに統合し、同時期に都内各エリアにて展開します。

東京クリエイティブサロン

https://tokyo-creativesalon.com/

 


Photo by Akihiro Yoshida


株式会社ディー・エヌ・エーのためにデザインした「coen car」は、「子供と遊んでくれる、すこし未来のクルマ」をコンセプトに、新たな人と車の関係が生まれることを目指しました。

 

<会場の展示の様子>

 

動画を見る  >>>>>

 

 

会場:KASHIYAMA DAIKANYAMA 1Fギャラリースペース
東京都渋谷区代官山町14-18 → map
https://www.kashiyamadaikanyama.com/gallery/
会期:3月15日(日)~31日(火)
時間:11:00~20:00
入場料:無料
3月15日(日)13:00~14:00には佐藤オオキ氏が会場に在中

ぜひ皆様お誘い合わせの上ご来場ください。

 

nendoの他の記事をみる > > > > > > >  #nendo1      #nendo2

 


http://www.nendo.jp/

 

 

問題解決ラボ――「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術

 

 

この本を購入する

コップってなんだっけ?

どこにでもある普通の「コップ」を主人公にした絵本。自身に注がれたカフェラテを混ぜるためのスプーンがないことに気づいたコップが、自らの形状を次々と変化させながら問題を解決しようとする物語。デザインとは単に造形することだけではなく、日常におけるちょっとした不便を発見し、それに対する解決策としてのカタチを生み出すことであるという、デザインやその本質をできるだけわかりやすい形で表現。一個のコップに対して、「これはふつうのコップだな」と決めつけるのではなく、「コップってよく見たら面白いな」「どうやったらもっと面白いコップになるのかな?」というものの見方をすることで、日常の中に新たな豊かさを感じてもらいたいと考えた。

http://www.nendo.jp/jp/works/not_just_a_cup/

 

 

 


全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・ショップデザイナー・プロダクトデザイナーなどインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

求人担当者様はこちらをご覧ください。 → 採用担当者様へ


 

(文:PR-B_PR制作部-3  /  更新日:2020.03.13)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ