10/7(月)富山県高岡市「Creators Meet TAKAOKA」を渋谷ヒカリエで開催

 

 

富山県高岡市の匠の技と秘密を通じて探る、新しいものづくりの形。
10月7日(月)「Creators Meet T AKAOKA」を渋谷ヒカリエで開催

~ナガオカケンメイら著名クリエイターと地元職人によるトークセッション、
伝統工芸ワークショップなど実施。「d47食堂」によるオリジナルの富山フード提供も~

 

 

伝統の技から最新の産業まで、ものづくりの盛んな富山県高岡市。その歴史・文化・精神風土も含めた魅力を伝え、も
のづくりに携わる人・関心のある人たちとの新しい出会いや協働の可能性を求めるイベント「Creators MeetTAKAOKA」を2019年10月7日(月)14:00~20:00、渋谷ヒカリエにて開催します。


高岡のものづくりの背景にある、厳しくも豊かな自然の恵み、加賀前田家ゆかりの歴史文化、「真宗王国」と言われる仏教的な精神風土など、高岡の魅力と秘密は、これからのものづくりと消費のあり方を探るための刺激やヒントになると私たちは考えます。また、働き方やライフスタイルの変化の中で、地域に関わるクリエイターたちが増えているなか、地域がクリエイターの創造性を拡張し、クリエイターが地域のものづくりを革新するといった、地域とクリエイターの良い関係性が高岡市でも生まれ、多くの成功事例を生み出しています。
 

今回のイベントでは、デザイン活動家・ナガオカケンメイ氏ら国内外で活躍するクリエイターと、高岡市の地元職人によるトークイベントのほか、伝統工芸ワークショップや交流会等を通じて高岡の魅力と秘密の一端を伝えるとともに、11月に高岡市にて行う「クリエイター向けモデルツアー」の参加者を募ります。
 


過去のクリエイター向けモデルツアーの様子

 

 

総務省「関係人口創出・拡大事業」モデル事業
Creators Meet TAKAOKA 高岡の、匠の技と秘密。
地域で出合う新しいものづくりの形。


日時:2019年10月7日(月) 14:00~20:3 0
会場:渋谷ヒカリエ8F「COURT」
       東京都渋谷区渋谷2丁目21 → map
主催:富山県高岡市
企画・運営:有限会社エピファニーワークス
内容:高岡のプロダクト・富山ローカルフード展示販売(入場無料・予約不要)
        伝統工芸ワークショップ(要材料費・予約不要)
        トークセッション+交流会(500円 ※定員100名・Peatixより要事前予約)
https://famtrip-takaoka-event.peatix.com
※2019年9月30日(月)申込み締切。先着順につき定員に達し次第受付終了。
 

 

【プログラム詳細】

■ 展覧会  Exhibition 14:00~20:30




先人の技が凝縮した伝統的な作品から、デザイナーとのコラボレーションなどによって生み出されている話題のプロダクト、高岡の職人と先端テクノロジーのエンジニアが協働した作品など、高岡の多様なものづくりとその根底にある心意気を紹介します。一部の作品は購入も可能です。
 

 

■ 富山ローカルフード Local F ood from TOYAMA 14:00~20:30
富山湾の魚介類はもちろん、北前船交易による昆布料理の発展、加賀前田家のお茶文化が根付いたさまざまな和菓子など、高岡や富山の「食」を紹介します(購入可)。


(写真:越中富山「幸の小分け」シリーズ)




 

■ 工芸ワークショップ KOGEI Workshop 14:00~ 18:00
金属工芸と螺鈿細工の職人が教えます!高岡の技を体験するワークショップ。

・「すずがみ」叩き体験  

講師:島谷好徳(鍛金職人)
 


紙のように薄くて自由に曲げることのできる錫(すず)の器を、お好きな模様の金槌を使用して作る体験です。

 

 

・「螺鈿細工」のお箸作り 


講師:武蔵川剛嗣(武蔵川工房4代目、螺鈿職人)
国が指定している伝統的工芸品の一つである、螺鈿加飾が 特徴的な高岡漆器。螺鈿とは貝殻の内側、虹色光沢を もった真珠層の部分を削り出した板状の素材を、漆地や木地の彫刻された表面にはめ込む装飾技法。日本には8世紀に伝わり、当時は楽器などの装飾に使用されていた。武蔵川工房はこれら漆器への螺鈿加飾を中心に、建築、家具、金属、ガラス製品などあらゆるものへの加飾に挑戦している工房である。

https://raden-musasigawa.com/wp/


アワビ貝を0.1mmまで薄く削った貝を使う高岡の螺鈿細工でオリジナルのお箸を作ります。

*事前予約不要、参加費(材料費)別途。所要時間30~60分。

 

 

■ トークセッション+交流会 Talk Session+Meetup19:00~20:30
高岡市とゆかりのあるクリエイターと地元の職人・作家を招き、高岡市のものづくりや文化・人の魅力、クリエイターと地域のものづくりのこれからについてなど、意見を交わします。トークの後は、高岡の作り手、ゲストスピーカーとの交流会。d47食堂による富山の食材を使ったオリジナルメニュー、そして富山の地酒もお楽しみください。

 

・Session 1 
ナガオカケンメイ (デザイン活動家、D&DEPARTMENTディレクター)×島谷好徳(鍛金職人、シマタニ昇龍工房4代目)


ナガオカケンメイ (デザイン活動家・D&DEPARTMENTディレクター)
すでに世の中に生まれたロングライフデザインから、これからのデザインの在り方を探る活動のベースとして、47の都道府県にデザインの道の駅「D&DEPARTMENT」を作り、地域と対話し、「らしさ」の整理、提案、運用をおこなっている。'09年より旅行文化誌『d design travel』を刊行。'12年より東京の渋谷ヒカリエ8/にて47都道府県の「らしさ」を常設展示する、日本初の地域デザインミュージアム「 d47 MUSEUM」を発案、運営。’13年毎日デザイン賞受賞。'19年ロングライフデザインのマーケットをつくり手、売り手、使い手の垣根を越えて応援する雑誌『d news』を創刊。20年春にD&DEPARTMENT初の宿泊機能をもつ拠点を韓国チェジュにオープン予定。
www.nagaokakenmei.com

 


島谷好徳(鍛金職人・シマタニ昇龍工房四代目)
加賀藩主であった前田利長が町の繁栄を図るために歴史が 始まった高岡銅器。美術工芸品としてスタートし、その 後、仏具、鍋釡、茶道具等として国内外に広く普及した。 当工房は1909年創業し、おりん作り一筋、一子相伝によ り仏教伝来の伝統技法を今に伝えている。真鍮板から最後の調律まで、職人の手でおりんを完成させられる工房は現 在ほとんどない。また錫でできた曲げられるお皿など新しいプロダクトにおいても定評がある。
http://www.syouryu.co.jp

 

 

 

 

Session 2
小池博史(クリエイティブ・ディレクター、NONGRIDINC.代表)×佐野文彦(美術作家・建築家)×尾崎 迅(金工作家)


小池 博史(クリエイティブディレクター・(株)ノングリッド・イメージソース代表)
ビジュアルデザインからコミュニケーションデザイン、ブランディング、デジ タルテクノロジーを活かした作品まで、幅広いクリエイティブワークの実績を もち、国内外のクリエイティブ・アワードを数多く受賞。またグローバルに活 動するトップクリエイターのマネージメント、生産者とのつながりや食材にこ だわったジュースブランド「 Why Juice?」と三者間で可能性を引き出し合いな がら、デザインを通して人と社会を結ぶプラットフォームを構築。2019年創立20周年を迎え、「信頼」をコンセプトにした周年パーティーをBA -TSU ART GALLERYにて開催。次の20年に向け、より本質的なもの、大事にしていきた いものにきちんと向き合ったデザインを提供するべく、ものコトモノ作りに取り組んでいる。
http://non-grid.com

 


佐野文彦(建築家・美術家)
1981年奈良県生まれ。京都、中村外二工務店にて数寄屋大工として弟子入り。年季明け後、設計事務所などを経て、2011年独立。現場を経験したことから得た、工法や素材、寸法感覚などを活かし、コンセプトから現代における日本の文化とは何かを掘り下げ作品を製作している。2016年には文化庁文化交流使として世界16か国を歴訪し各地でプロジェ
クトを敢行。様々な地域の持つ文化の新しい価値を作ることを目指し、建築、インテリア、プロダクト、インスタレーションなど、国内外で領域横断的な活動を積極的に続けている。
http://fumihikosano.jp

 


尾崎 迅(金工作家・高岡伝統産業青年会会長)
1982年生まれ。鋳造に魅力を感じ、高岡で制作をする金工作家。 鋳物を専攻した金沢美術工芸大学を2005年に卒業。2009年より鋳造メーカーに勤務し制作を開始。2014年に独立し、作品制作と研磨職人を両立している。鋳物の質感にこだわりをもち、研磨に特化した制作を手がける。鋳物製造の知識を生かしデザイナーとしても活動する。銅合金のもつ抗菌作用を生かした花器や素材の永年性に着目した作品を制作している。
https://www.hayateozaki.com

 

 

 


モデレーター:林口 砂里(エピファニーワークス代表)


交流会ケータリング:d47食堂

 

【開催概要】
「Creators MeetTAKAOKA」
日時:2019年10月7日(月) 14:00~20:3 0
会場:渋谷ヒカリエ8F「COURT」
       東京都渋谷区渋谷2丁目21 → map
主催:富山県高岡市
企画・運営:有限会社エピファニーワークス
内容:高岡のプロダクト・富山ローカルフード展示販売(入場無料・予約不要)
        伝統工芸ワークショップ(要材料費・予約不要)
        トークセッション+交流会(500円 ※定員100名・Peatixより要事前予約)
https://famtrip-takaoka-event.peatix.com
※2019年9月30日(月)申込み締切。先着順につき定員に達し次第受付終了。

 

富山県高岡市について
人口約17万人の富山県西部の中心都市。約400年前に加賀藩二代当主・前田利長公によって開かれました。高岡銅器、高岡漆器などの伝統産業と、アルミ・化学・パルプなどの近代産業がともに盛んな、日本海沿岸を代表するものづくりのまちとして発展してきました。高岡城跡、国宝・瑞龍寺、ユネスコ無形文化遺産に選ばれた「高岡」、伝統的な町並みなど、歴史的・文化的資産も数多く残され、昔も今も変わらぬ人々の心意気が受け継がれています。文化創造都市高岡  http://bunkasouzou-takaoka.jp

(文:PR-C_PR制作部-4  /  更新日:2019.09.19)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ