「ACTUS ART MUSEUM 大アクタス博 1969-2019.Beyond50」開催


 

【編集部おすすめコト】
青山・外苑前にたった2日間のミュージアムがオープン
ACTUS ART MUSEUM
大アクタス博 1969-2019.Beyond50
50年分の、アクタスのすべてをお見せします!

 

 

1969年からいち早く北欧を中心としたヨーロッパ家具の輸入販売を始め、ライフスタイル型インテリアショップの先駆けとしてオープンしたACTUS(アクタス)は、今年で創業50年を迎えます。

現在、新宿、青山、銀座、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡など32店舗の直営店の他、42店舗の全国主要都市のディーラーショップ、オリジナルアパレルブランド事業、レストラン事業を展開しているアクタスが、一号店をオープンした東京・青山で、50年分のアクタスのすべてをお見せする「大アクタス博 1969-2019.Beyond50 」を開催します。7月27日(土)、28日(日)のたった2日間のアクタスミュージアムです。

日本の生活デザインの質的向上に貢献してきたアクタスの50年の歩みを知ることは、日本の近代インテリア史を学ぶとと言っても過言ではありません。それだけインテリア業界を牽引してきたメーカーであり、日本の名だたるインテリアショップです。ご興味のある方は是非足を運ばれてはいかかでしょうか。

ACTUS(アクタス)から、「ACTUS ART MUSEUM 大アクタス博 1969-2019.Beyond50」の案内が届いていますのでご紹介します。

 

 

50年目のアクタスのすべてを体感できる、たった2日間だけのミュージアム「大アクタス博」が青山・外苑前にオープンします。

株式会社アクタスは、1969年東京・青山に当社の前身である「ヨーロッパ家具・青山さるん」をオープンして、今年で50周年を迎えます。こちらを記念して、“これまでの歴史を振り返り、この先の未来を語るミュージアム” 「大アクタス博」 を7月27日(土)、28日(日)の2日間限りでアクタス・青山店にて開催いたします。

1969年7月26日 日本のモダンインテリアは、ここからはじまりました。

「いい家具を作る秘訣は、人間を見つめること。ヨーロッパの家具を使ってみると、人間を大切にする心が形になっていることに気づきます。」これは、今から50年前、日本中が大量消費生活を謳歌し、まさにモノの豊かさによって幸福感を手に入れ始めていたそんな時代に、豊かな暮らしとは消費を繰り返すことではなく、作り手の顔が見える製品と、できる限り長い時間を過ごすことではないかと考えていた、アクタス創業メンバーが残したメッセージです。

アクタスの第一号店が東京・青山にオープンしたのは1969年の7月26日です。

あれからちょうど50年目の2019/7/27(土)と7/28(日)の2日間、外苑前のアクタス青山店の商品をすべて取り除いて、アニバーサリーイベント「大アクタス博 1969-2019.Beyond50」を開催します。会場では、“過去の50年間に敬意をもち、未来のアクタスを創っていく”というテーマで、1969年に7人で始めた小さな北欧輸入家具店から現在までのエピソードを、50年分の写真、当時の販促ツールなどのグラフィック、エポックメイキングとなった商品、ノベルティグッズ、映像を使ってご紹介致します。また、700人の現役のスタッフが好き勝手に考えた「アクタスの未来予想図」と、「あの人と語るこれからのアクタス」という映像コンテンツでは、100年目に向かうアクタスの姿をお伝えします。
 


| 大アクタス博の主なコンテンツ

01|ACTUS ARCHIVE
アクタス50年の歩みを、当時の写真、グラフィック、ノベルティグッズ などを ご紹介します。

02|ACTUS PRECIOUS
アクタスが取り扱ってきた多くの製品の中から、成長のきっかけを与 えてくれ た家具のエピソードをご紹介します。

03|ACTUS STYLE BOOK
1996年のVol.1発刊から2017年のVol.9までのバックナンバーのすべてと、読者からの寄せられたアンケートハガキをご紹介します。

04|BEYOND ACTUS
アクタス現役スタッフ700人が好き勝手に考えた「アクタスの未来予 想図」と、 弊社代表と様々な分野の著名人との対談「あの人と語るこれからのアクタス」 を映像でご紹介します。

05|MUSEUM GOODS
大アクタス博の会場では、現行で買えるアクタスのエポックとなった製品の他 に、本会場でしか購入できないアニバーサリーグッズを販売します。

 

 

| 展示一部紹介


大アクタス博で出会える貴重なツールやプロダクトたち アクタスの前身「青山さるん」の創業当時の新聞広告。 アートディレクターは、‘64東京オリンピックの第2号・第3号のポスターフォトディレクションをつとめた村越 襄氏にお願いをした。

 

 




アクタスが1970-80年代にかけてIKEAの日本総代理店をおこなっていた当時のカタログ。日本のマーケットに初めてIKEAを紹介したのはアクタスでした。

 

一般流通をすることはありませんでしたが、デンマーク家具デザインの巨匠ハンス・J・ウェグナーに、アクタスが依頼し、熱海・MOA美術館のためだけに作られた椅子「JAPAN CHAIR」

 


多くの文豪が集い寛いだ、お茶の水・山の上ホテルのラウンジに置かれたノルウェー・バットネ社のソファ。こちらも1973年にアクタスが納めた。


写真上は‘69創業時のカタログに掲載されたモノ。

 

 


いまでは、ファッションだけでなく、インテリアテキスタイルとしても地位を築きあげた、ミナペルホネンのデザイナー皆川明氏のファブリックを、家具として初めて採用したフリッツハンセン社のスワンチェア。

 

 


80年代カントリー家具ブームの中で、ひと際個性あふれる手書きのタイルが一世を風靡し、当時のアクタスのベストセラーとなったスペイン・バレンシア地方の家具「MADES」

 


2004年アクタスカタログ

and more

 

 


【開催概要】
タイトル: ACTUS ART MUSEUM 大アクタス博 1969-2019.Beyond50
会期: 一般公開日_2019年7月27日(土)7/28(日)
会場: アクタス・青山店
住所: 東京都港区北青山2-12-28-1F TEL.03-5771-3591
営業時間: 11:00-18:00
入場: 無料
※上記イベント開催に伴い、アクタス・青山店は7月22日(月)~26日(金)、7月29日(月)~31日(水)をお休みいたします。

 

株式会社アクタス
1969年からいち早く北欧を中心としたヨーロッパ家具の輸入販売を始め、今年で創業50年を迎えるライフスタイルストアの先駆けとして、日本の生活デザインの質的向上に貢献して参りました。現在、新宿、青山、銀座、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡など32店舗の直営店の他、42店舗の全国主要都市のディーラーショップ、オリジナルアパレルブランド事業、レストラン事業を展開しております。

URL / https://www.actus-interior.com

 

(文:インテリア情報サイト編集部-3  /  更新日:2019.07.04)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ