「もう一歩深く知るデザインのはなし 曼荼羅」

デザインを考えるとき、過去から引用することは多いです。それを効果的に活かすためには、その過去のものの持つ背景や思想についてより深く知り、考え、理解することが大切です。「もう一歩深く知るデザインのはなし」は、デザインに関する事柄からいくつかを取り上げ、その周辺や様々な背景について考えることで、読者の方々に「もっと知りたい」と思っていただくことを目指しています。

ひとつめのテーマは「曼荼羅(まんだら)」です。

 

1moredesign_mdala1.jpg「曼荼羅」とはなにか
いま、「仏教」が熱いです。TVにはよくお坊さんが出てますし、仏教本も相変わらず人気です。けれどもともと仏教の教えは複雑で難しいもの。それを分かり易く絵で示したものが「曼荼羅(まんだら)」。この記事ではその「曼荼羅」についてご紹介します。ブームに乗っているだけでは分からない、めくるめく深い「仏教デザイン」の世界をのぞいてみましょう。
もう一歩深く知るデザインのはなしvol.1/曼荼羅

 

1moredesign_mdala2.jpg優しく包み込む「胎蔵曼荼羅」
難しい仏教の教えを、分かり易く絵で説明してくれるのが「曼荼羅(まんだら)」。一見どれも同じ印象ですが、そのデザイン構成はさまざま。そのうち日本でよく見られるもののひとつが「胎蔵(たいぞう)曼荼羅」と呼ばれるものです。中央にれんげの花のような図案と最も偉大な「大日如来」が配置され、周りをたくさんの小さな仏様が取り囲んでいます。
もう一歩深く知るデザインのはなしvol.2/曼荼羅

 

1moredesign_mdala3.jpgクールで知的な「金剛界曼荼羅」
今回も曼荼羅のデザインについてのお話です。中央に花のような図案が置かれた、優しいイメージの「胎蔵曼荼羅」のほかに、もうひとつ日本でよく見られるのが「金剛界(こんごうかい)曼荼羅」というもの。これは人間が厳しい修行を乗り越え、悟りへと向かう過程が順に描かれているもので、整然としたクールなデザインになっています。
もう一歩深く知るデザインのはなしvol.3/曼荼羅

 

1moredesign_mdala4.jpg「曼荼羅の好み」から見る日本人気質
前回までの記事で、日本に伝わった2種類の曼荼羅について比較紹介してきました。クールな雰囲気で、デザインとして完成度の高い「金剛界曼荼羅」よりも、多少いびつでも包み込むような温かさのある「胎蔵曼荼羅」のほうが、日本では人気があります。このことに、実は日本人ならではのものの感じ方、考え方がよく現れているのです。
もう一歩深く知るデザインのはなしvol.4/曼荼羅
 

 

この記事は2012年に掲載した「もう一歩深く知るデザインの話」をシリーズごとにまとめたものです。

 

 

全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・インテリアデザイナー・プロダクトデザイナー・・などインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

 

 

 

(文:maki  /  更新日:2016.01.21)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ