「木で、未来をつくろう2014」シンポジウム開催

「木で、未来をつくろう2014」シンポジウム

持続可能な社会作りは世界共通の課題のなか、再生可能な資源である木材を使用した建築の魅力が、今ヨーロッパを中心に見直されています。日本の豊富な森林資源は、今、利用期を迎えていますが十分活用されておらず、日本の森を活かし元気にするために、その活用が必要になっています。

そして、今その動きを知る建築家やデザイナーに日本の木材を使用した、より美しいデザインが求められているのです。

優れた木の建築と、その建築物に木を扱う新しさ・利点をひもときながら、鉄やコンクリートにはない温もりのある自然素材としての木の価値や日本の木の利用を見つめ直し、未来につながる為のシンポジウムです。

ゲストには世界で活躍する建築家・坂 茂氏を特別ゲストに迎え、パネルディスカッションには、昨年度Any Tokyoに出展したプロダクトデザイナー柴田文江氏も登壇します。

会場では、実際に日本の木の良さを体感できる全国各地の様々な木製品を展示やラジオ番組「いのちの森~voice of forest」の中でも紹介。

日本の木を使う為に何が求められているのか、デザイナーや建築家がより効果的に日本の木材を使用する為に非常に有意義な時間となることでしょう。

 

■開催概要

開催日時:2014年11月20日(木)開始14:00 / 終了16:30予定
会場:増上寺(東京都港区芝公園4-7-35)
地図:http://www.zojoji.or.jp/map/
主催:「木で、未来をつくろう2014」 実行委員会
後援:林野庁、特定非営利活動法人 活木活木(いきいき)森ネットワーク、公益社団法人 国土緑化推進機構、一般社団法人 全国木材組合連合会、港区(全て予定)
協力:PEN、TOKYO FM/JFN、Any Tokyo、more trees

プログラム

テーマ「今、木が新しい。木から生まれる未来のライフスタイル」

第一部 14:00~15:00 トークセッション
 坂 茂(建築家)× 高橋万里恵(TOKYO FMパーソナリティ)

第二部 15:00~16:30 パネルディスカッション
[パネリスト]
 柴田文江(デザイナー)
 吉田誠(林野庁 林政部 木材利用課長)
 末宗浩一((株)イトーキ)
 内海彩(建築家 KUS一級建築士事務所 / NPO teamTimberize)
[ファシリテーター]
 水谷伸吉(more trees 事務局長)

WEB:http://www.tfm.co.jp/wood/blog.php?catid=2361
Facebook:https://www.facebook.com/events/372334082935869/
 

全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・インテリアデザイナー・プロダクトデザイナー・・などインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-9  /  更新日:2014.11.15)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ