【編集部おすすめモノ・コト】おめでとうグッドデザイン賞2019受賞作 紹介(1)

 

【編集部おすすめモノ・コト】
おめでとう!!
グッドデザイン賞 2019年度受賞
受賞作 紹介(1)

 

 

 

公益財団法人日本デザイン振興会は、主催事業であるグッドデザイン賞の2019年度受賞結果を10月2日(水)に発表しました。

2019年度グッドデザイン賞は、4,772件を対象に審査を実施した結果、全1,420件の受賞が決定しました。「グッドデザイン賞」は、1957年に旧通商産業省によって設立された「グッドデザイン商品選定制度」(通称Gマーク制度)を継承する、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。単にものの美しさを競うのではなく、産業の発展とくらしの質を高めるデザインを、身の回りのさまざまな分野から見いだし、広く伝えることを目的としています。世界でも有数の規模と実績を誇るデザイン賞として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加するとともに、よいデザインを社会に広める運動としても多くの人びとから支持されています。

また、10月31日(木)から11月4日(月)まで2019年度グッドデザイン賞の受賞作を紹介するGOOD DESIGN EXHIBITION 2019が東京ミッドタウン(六本木)で開催されます。

【関連記事】
・2019年度グッドデザイン賞の受賞作を紹介するGOOD DESIGN EXHIBITION 2019を、10月31日(木)から11月4日(月)まで東京ミッドタウン(六本木)で開催します。



インテリア情報サイトでは、2019年度グッドデザイン賞の受賞作や展示の様子などを数回にわたって紹介していきます。

 

第1回目は、インターネットによって、伝達手段や情報の取得が大きく変わった現代だからこそ、 人々が速度スイッチをあげるのではなく、ゆっくり時間を過ごそうと思う気持ちを取り戻せる素敵な空間が、2019年度グッドデザイン賞を受賞しましたのでその受賞3作を紹介します。

 


|  日本出版販売株式会社 「箱根本箱」および「文喫」で2019年度グッドデザイン賞の受賞

日本出版販売株式会社は、同社グループが手掛ける「箱根本箱」および「文喫」が、2019年度「グッドデザイン」を受賞しました。また、日本出版販売株式会社は、本と出会うための本屋「文喫」共ども、その年のすべてのグッドデザイン賞受賞対象の中で、審美性、提案性、可能性など総合的に優れているとして高い評価を受けた100点の中の、2019年度「グッドデザイン・ベスト100」を受賞しました。
 

■ 「箱根本箱」

「箱根本箱」は、『本に囲まれて「暮らす」ように滞在。』をテーマに2018年8月1日にオープンしたホテルです。

 



本をテーマにしたインタラクティブ・メディアホテル。
けっして本好きな人だけに向けたホテルではありません。
むしろ「あまり本は買わない」「最近は本はご無沙汰だなあ」という人にこそ、
ぜひいらしていただきたい、“本と人との出会いの場”。
一冊の本から始まる「新しい物語」をお楽しみください。


【施設概要】
「箱根本箱」
「本に囲まれて『暮らす』ように滞在」をコンセプトにした、ブックホテルを中心とした複合施設
事業主:株式会社ASHIKARI
総合プロデュース・企画・運営:株式会社自遊人
クリエイティブディレクター:岩佐 十良(株式会社自遊人)
BOOKディレクション:YOURS BOOK STORE(日販)
所在地:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-491
公式サイト:http://hakonehonbako.com/

 

 


■「文喫」



「文喫」は文化を喫する、入場料のある本屋です。人文・自然科学からデザイン・アートに至るまで約三万冊の書籍を販売(一種一冊)。一人で本と向き合うための閲覧室や複数人で利用可能な研究室、小腹を満たすことができる喫茶室を併設。一日中滞在でき、珈琲・煎茶は飲み放題。エントランスでは約九十種類の雑誌を販売。新たな本との出会いを生み出します。
 

【施設概要】
本と出会うための本屋「文喫」
事業主:日本出版販売株式会社
運営:株式会社リブロプラス
プロデュース:YOURS BOOK STORE(日販)、株式会社スマイルズ
BOOKディレクション:YOURS BOOK STORE(日販)
所在地:東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1F → map
公式サイト:https://bunkitsu.jp/

 

 

 

| フェニックス・シーガイア・リゾート『レタールーム』が「2019年度グッドデザイン賞」を受賞


フェニックス・シーガイア・リゾートの『レタールーム』が、2019年度グッドデザイン賞を受賞しました。

■レタールーム

レタールームは、2016年8月1日にシェラトン・グランデ・オーシャンリゾート2階の宿泊者専用ラウンジ「風待ちテラス」内にオープン。シーガイアのあふれる魅力を表現した多彩なポストカードや、万年筆や特別な色鉛筆などの上質なツールが揃い、大切な誰かに旅の思い出を手紙で残し、伝えていただく事ができます。

SNS全盛の今だからこそ、“手紙”の持つ魅力を体感できる場として好評を得ており、これまでに38,000通を超える手紙が投函されています。
 

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート2階の宿泊者専用ラウンジ「風待ちテラス」の一番奥に位置する“レタールーム”。英国調の落ち着いた内装に、シーガイアのあふれる魅力を表現した多彩なポストカードが揃い、万年筆や特別な色鉛筆などの上質なツールが揃い、思わず手紙を書きたくなる空間となっています。

 


 英国調の内装のレタールームには、手紙を書くだけでなく“手紙そのもの”に関心や魅力を感じていただけるよう、手紙をテーマにした本が揃い、自由に読むことができます。

 


パーカーの万年筆をはじめ、ドイツ・ファーバーカステルの色鉛筆、天然ゴムから作られた大阪・ゴービーのスタンプなど、手紙を書く気持ちが高まる上質なツールをご用意しています。

 

<3つの投函口を備えた特別なポスト>
 英国のアンティーク家具をリメイクしたポストには3つの投函口が用意されています。“大切なひとへの手紙”と書かれた投函口に入れると切手代をホテルが負担し郵送。(海外もOK) 旅の思い出を大切な方に伝える事ができ 、“未来への手紙”に投函すれば最長20年間レタールームに保管され、将来の自分や生まれてくるお子様へ手紙など残すことができます。そして“あてのない手紙”に投函された手紙は一定期間レタールームに飾られ、「大きくなったらまたパパとママとここにきたい」とお子様のかわいい字で書かれた手紙や、“本当はあなたと一緒に来たかった” という気持ちが溢れている儚いラブレターなど、様々なストーリーが残されています。

 


10月31日(木)から5日間にわたり、東京ミッドタウンで開催される、グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」では、レタールームが特別展示で紹介されます。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2019  – 2019年度グッドデザイン賞受賞展 –
会期:10月31日(木)〜11月4日(月・祝)
 会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)
          http://www.g-mark.org/gde2019/

 

 

【施設概要】
宿泊者専用ラウンジ「風待ちテラス」内レタールーム
場所:シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
   2階「風待ちテラス」内(同ホテル宿泊者専用)
 時間:8:00~21:00
・Planning & Produce:オレンジ・アンド・パートナーズ
 ・Interior Design:ジョージ・クリエイティブ・カンパニー」

 


■フェニックス・シーガイア・リゾートについて
太平洋沿いの広大な黒松林に囲まれたフェニックス・シーガイア・リゾート。その中心に位置する「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」は全室東向きのオーシャンビュー。松林の空間に佇む温泉施設「松泉宮」や、アジアン・スパブランドのパイオニア「バンヤンツリー・スパ」、宮崎の恵まれた食をご提供する多彩なレストラン&バーが揃っています。
2017年10月には開業以来最大規模となるリニューアルが完了し、美しく雄大なロケーションと、それをお楽しみいただくための空間演出、そしておもてなし。すべてにおいてこれまでにない、そして宮崎・シーガイアでしか味わえない“体験価値”が揃う『新しいシーガイア』へと進化しました。 
www.seagaia.co.jp>

【関連記事】
・九州・宮崎のシーガイアには満月の夜にだけ、太平洋に30分間だけ現れる絶景「月の道」 が現れます。それはそれは時を忘れてしまうくらい美しく、心奪われてしまう絶景。

 

 

 

 

グッドデザイン賞とは
1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。
http://www.g-mark.org/

 

グッドデザイン・ベスト100とは
グッドデザイン・ベスト100は、その年のすべてのグッドデザイン賞受賞対象の中で、審美性、提案性、可能性など総合的に優れているとして高い評価を受けた100点です。今日におけるデザインの水準を高めるに相応しい、これからのモデルとなりうるデザインであり、今年度グッドデザイン大賞候補(ファイナリスト)をはじめとする特別賞各賞がグッドデザイン・ベスト100の中から決定し10月31日に発表されます。
https://www.g-mark.org/activity/2019/best100.html

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-3  /  更新日:2019.10.07)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ