タイム アンド スタイル 6つ星「SEAMARQ HOTEL」の家具を製作

 

海辺と湖の観光地 江陵(カンヌン)「SEAMARQ HOTEL(シーマークホテル)」へ
TIME&STYLE(タイムアンドスタイル)が家具を納品

 

昨年、TIME&STYLE(タイムアンドスタイル)が携わったホテルプロジェクトを紹介いたします。


法人のお客様の窓口であるコントラクト事業部は、モデルルームやモデルハウスのコーディネートをはじめ、店舗、オフィス、商業・公共施設などのインテリア・空間提案を行なっています。短納期の物件や長期的なプロジェクトのサポート、物件に合った特注家具の提案と製作など、お客様に喜ばれる空間作りのパートナーを目指して活動しています。
 

 

 


2018年冬季オリンピックが開催される平昌(ピョンチャン)の隣に位置する江陵(カンヌン)。ソウルから車で約2時間半、日本海側に面した海辺と湖に隣接するホテル現代鏡浦台の跡地に、6つ星ホテルとして開業した「SEAMARQ HOTEL(シーマークホテル)」へ家具を納品しました。


クライアントはホテル現代 (ヒュンダイ)。建物はアメリカの建築家 リチャード・マイヤー氏による設計。マイヤー氏にとっては韓国で初めての建築となります。

 


ホテル棟の客室

TIME&STYLE(タイムアンドスタイル)は、オーシャンビューの客室の全150室にソファや椅子、照明器具を納品しました。

 


 


離れのゲストルーム

また朝鮮の伝統的な建築様式によるゲストルーム“韓屋(ハノク)”には、朝鮮の意匠を踏襲した特注家具を製作しました。

 

 


エントランスに設置した16mのケヤキ材のテーブル


そしてホテルの顔となるエントランスには、日本で育った長さ8mの樹齢約300年のケヤキの無垢材二枚をジョイントした全長16mの大テーブルが世界中から集まるゲストを迎えます。ホテルのコンセプトに基づいて、日本全国から素材を探し求め、加工方法や仕上げを吟味し、他にはない貴重なテーブルが出来上がりました。その他、各共用部やバーなどにも既成家具から特注家具までを各所に納めています。

 

 

【プロジェクト概要】
プロジェクト:SEAMARQ HOTEL(シーマークホテル)
所在地:韓国/江陵市 (カンヌン)
施主:ホテル現代 (ヒュンダイ)
建築設計:Richard Meier & Partners Architects
インテリアデザイン:IGA square

SEAMARQ HOTE 公式サイト
http://www.seamarqhotel.com/  


 

 


http://www.timeandstyle.com/

 

(文:TIME & STYLE  /  更新日:2016.05.28)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ