五十嵐久枝がデザインしたファミリア プリスクール

 

1950年創業の日本の老舗ベビー服ブランド「ファミリア」が新規に保育園事業を展開。インテリアデザインを依頼された IGARASHI DESIGN STUDIOから園舎のインテリアを紹介。

 

Photo credit:  Nacasa & Partners


子どものための空間ではあるが、子どもの好みに寄せすぎず、大人にとっても居心地の良い雰囲気をつくりだすこと。子どもたちの生活や行動、活動によって、家具のレイアウトや壁面の装飾が変えられ、その表現をやさしく包み込む場となること。ファミリアの保育とデザインに対する取り組みなど、実直な姿勢を感じとり、成長するためのベースとなる空間をつくりたいと考えた。

オフィスビルだった建物は無機質なカーテンウォールを持つ外観なため、有機的な自然木のラインをもつバギー置き場を設えた。地下1階から3階までの4フロアを持つ内部は、白い壁とコルク材の床を基調とし、部屋ごとに違うテーマカラーの壁をつくり、色を日常生活に取り入れている。テーマカラーは発達段階に同調するポジティブなイメージをもつ色を選んだ。

 

Photo credit:  Nacasa & Partners
 

1歳児(ライトブルー/優しさ・爽やかさ・清潔)
2、3歳児(オレンジ/快活・情熱・自発)
4、5歳児(パープル/芸術・思いやり・インスピレーション)

丸穴型の開口は、隣の部屋やキッチンの様子を自然と意識させるコミュニケーションツールでもある。壁は部分的に磁石が取り付けられる壁になっており、子どもたちの描く絵を飾ることができる。教育メソッド(レッジョエミリア保育)に則り3階のアトリエスペースは子どもの創造活動を妨げないよう広く確保し、ファミリアのテーマカラーのブルーと、ダークな木質により落ち着いた雰囲気のなか制作に集中できるようにした。

 


Photo credit:  Nacasa & Partners

一角には書架になった切り株の周りやうろの中に子供達が集まる。屋上は木材を山なみのシルエットにカットした塀で囲み、都心の保育園でありながらも空の広がりや自然を感じられる遊び場とした。

 

 


About
五十嵐久枝 / IGARASHI DESIGN STUDIO

1986            桑沢デザイン研究所インテリア・住宅研究科卒業
1986〜91    クラマタデザイン事務所勤務
1993〜        イガラシデザインスタジオ設立
1996~08    桑沢デザイン研究所非常勤講師
2002〜        グッドデザイン賞 審査委員
2007〜        女子美術大学 非常勤講師
2010〜        武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科教授
www.igarashidesign.jp

 

(文:インテリア情報サイト編集部-1  /  更新日:2015.10.08)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ