世界での新たな旗艦店戦略の先駆け「MOLTENI&C TOKYO」(モルテーニ東京)

2015年3月14日(土)、Molteni&C(モルテーニ)の旗艦店が南青山にオープンしました。

 

内装は世界が今最も注目するデザイナー、パトリシア・ウルキオラが担当。日本ならではの和の要素と、ジオ・ポンティを意識した幾何学的要素が融合し、収納を中心とした空間全体の提案を可能にする、モルテーニのダイナミックな世界観を存分に体感できるスペースです。

インテリア情報サイトではすでにオープン前のインテリアを3DCGで紹介済みですが、画像が届きましたので改めてごご紹介します。

本国モルテーニ社が2015年から世界で展開する新たな旗艦店戦略の先駆けとなる本ショップを是非ご覧ください。

 

 

Gio Ponti Screen



内部空間には、Gio Ponti Screen(ジオ・ポンティ スクリーン)と称した、ガラス製の間仕切り壁が施されています。モルテーニが近年復刻製品を発表するなど、関係の深いジオ・ポンティの幾何学的要素を読み取り、ウルキオラ氏によりデザインされました。ガラスを用いることで、空間と空間を軽やかに間仕切り、また可動性であることから、機能性と装飾性に優れた演出を可能にしています。


 

Wooden Wall



日本初のモルテーニ旗艦店となる当ショップを最も印象づけるのは、ウルキオラ氏が京都の光明院を訪れた際、丸窓から見た美しい日本庭園からインスピレーションを得たという、木の装飾壁「wooden wall(ウッドゥン ウォール)」です。この「wooden wall」には風合い豊かな杉材が用いられ、店全体の“背景”となる高さ7mの窓面全体に実にダイナミックに広がっています。この装飾壁は、窓の外の世界から、イタリアモダンな室内空間へと広がるフィルターのような役割を担い、また、「日本」という屋外の環境とモルテーニのイタリア的室内環境との境界線として表現されています。


 

Interior Design Concept



南青山の閑静なエリアに位置するモルテーニ東京。約100坪の店内は、1階と地下1階の吹き抜け空間の装飾壁面を背景に、1階にはリビング・ダイニング、地下1階にはベッドルーム・ウォークインクローゼットを含む、ナイトリビングが展開され、パトリシア・ウルキオラをはじめ、ロン・ジラッド、ロドルフォ・ドルドーニ他、複数の著名建築家・デザイナーによる製品群が展示されます。

 

 


 

Patricia Urquiola (パトリシア・ウルキオラ)

スペイン オヴィエド生まれ。マドリード工科大学にて建築を学んだ後、イタリアに渡り、ミラノ工科大学でアッキーレ・カスティリオーニに師事、1989年卒業。その後デパドヴァ社の製品開発、マジストレッティとのコラボレーション他多くのプロジェクトに携わる。2001年には自身のスタジオを開設。感性豊かな表現と建築家としての多彩な経験を生かして、インテリア、ショールーム、レストラン、ホテルプロジェクトなど、様々な分野で国際的に評価されている。Wallpaper Design Award、Elle Décor International Award他多くの賞を受賞。モルテーニから発表のダイニングテーブル「DIAMOND」はRed Dot Award 2005年最優秀作品賞を受賞。MoMAパーマネントコレクションをはじめ、数々の美術館に作品が展示されている。

 


Molteni&C

1934年イタリアで創業されたインテリアブランド。システム収納やオフィス家具で培った世界最高峰の技術をベースに、先進的で収納と一体となったハイクオリティー空間を提案している。
また、パトリシア・ウルキオラを始め、ロン・ジラッド、ロドルフォ・ドルドーニ、フォスター+パートナーズ他、世界の著名建築家、デザイナーを起用した高いデザイン性により、毎年、ミラノサローネでも注目を集め、世界のハイエンド家具をリードする総合ブランドとして評価される。

 

MOLTENI&C TOKYO/モルテーニ 東京

東京都港区南青山6-4-6 Almost Blue B棟1F
TEL. 03-3400-3322
営業時間:11:00am ~ 7:00pm
定休日:水曜日

 

(文:インテリア情報サイト編集部-1  /  更新日:2015.03.19)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ