エマニュエル・ムホー 100色ニット for UNIQLO パリファッションウィークで発表

 

エマニュエル・ムホー
パリファッションウィーク ユニクロインスタレーションにて
100色ニット for UNIQLO 発表

 

 

デザイン・建築設計を手掛けている東京在住フランス人建築家・デザイナー エマニュエル・ムホー氏から、最新のお知らせが届きましたので紹介します。


 

「Bonjour! パリファッションウィークでユニクロが開催した展覧会のためにインスタレーションを発表しました。また、現在展示中のインスタレーションや台湾で開催されたトークイベントなど、色々なお知らせもあります。」エマ
 

-------------------------------------------------------------------------------------

100色ニット for UNIQLO
The Art and Science of LifeWear : Creating a New Standard in Knitwear

-------------------------------------------------------------------------------------

 

installation : 100色ニット
ユニクロは9月に行われたパリファッションウィークの期間中に特別展覧会「The Art and Science of LifeWear: Creating a New Standard in Knitwear」をジュ・ド・ポーム国立美術館で開催した。展覧会はユニクロのニットウエアを5つのテーマ「Art」「Science」「Craftsmanship」「Fashion」「Collaboration」でゾーン分けし紹介。今回はその中の「Art」ゾーンにて、『100色ニット』と名付けたインスタレーションを手掛け、ユニクロのニットが持つ色鮮やかなカラーパレットを一目で体感できる、無限の色の世界を創りだした。

 

展覧会の最初の部屋に位置する「Art」ゾーンに足を踏み入れると、色溢れる世界が来場者を出迎えた。『100色ニット』インスタレーションは、「色を混ぜることで無限に色がつくれる」をコンセプトにデザインした。
 


ニットは、一目見ただけでは1色に見えるが、近づいて観察すると数色の繊維が混ざり合うことでその「色」を生み出していることがわかる。2、3色のわたを混ぜながら、ウール毛糸をつくる、その普段目にしない工程にフォーカスをした。

 


インスタレーションは、100色のわたを使い、3色ずつで構成されているモジュール約1万個でつくられた。100色の世界が一瞬で目に入る様に、インスタレーションをななめに配置し、中央にトンネルを設けた。イエロー、ピンク、ブラウン、グリーン、ブルー、パープル、と大きな波の中に、色が少しずつ混ざりながら変わりゆく繊細で美しい色のグラデーションが部屋いっぱいに広がった。

 


 

5日間にわたり開催された展覧会には、約6,000人が会場を訪れた。無限の色に包まれて、全身で感じられる色の世界をたくさんの人に体感してもらえたことだろう。
 

Photos: UNIQLO

 

 

 

NEWS


colorscape(新宿)

新宿駅新南口改札外のペンギン広場のガラス面を使用した、60mのカラースケープ。100色の美しいグラデーションが街と重なることで生まれた新しい風景をお楽しみください!

場所 : JR新宿駅 新南改札外 Suicaのペンギン広場
期間 : 2018年9月15日(土)~2019年1月中旬
詳細 : www.scf-web.net/infomation/artist/

 



 


BAO BAO ISSEY MIYAKE ウィンドウインスタレーション(銀座)

銀座にあるISSEY MIYAKE GINZA / OMOTEにて、カラフルなプリズムフラットポーチのためのウィンドウインスタレーションを11月14日(水)までご覧いただけます。

場所 : ISSEY MIYAKE GINZA / OMOTE
期間 : 2018年11月1日(木)~14日(水)

 

 

 


講演会(台北)

10月、台湾のFubon Art Foundationが主催するFubon Forumにて講演会を行いました。
《摘彩虹的人─100種顏色的存在感》Emmanuelle Moureaux
詳細 : www.fubonart.org.tw/lacture/article/2910

 

coming soon!
建築設計を手掛けている5店舗目の巣鴨信用金庫、戸田支店が11月26日オープン予定です!

 


--------------------------------------------------------------------------------


エマニュエル・ムホー PROFILE
東京在住フランス人建築家。emmanuelle moureaux architecture + design主宰。
東京の"色"と街並が成す複雑な"レイヤー"と、日本の伝統的な"仕切り"から着想を得て色で空間を仕切る「色切/shikiri」コンセプトを編み出す。色を平面的ではなく三次元空間を形作る道具として扱うテクニックと大胆な色使いで、建築、空間デザイン、アートまで幅広く手掛ける。
東北芸術工科大学准教授、日本建築家協会(JIA)正会員、東京建築士会正会員、日本建築学会正会員

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-3  /  更新日:2018.11.20)

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ