天童木工 「ブルーノ・タウトの緑の椅子」復刻 技術協力

天童木工
「ブルーノ・タウトの緑の椅子」復刻 
技術協力

 

 

株式会社天童木工(本社:山形県天童市)は、ブルーノ・タウト(1880~1938年)が 1935年にデザインし、少林山達磨寺の所蔵する「緑の椅子」を、「緑の椅子リプロダクト研究会」と共に復刻に協力しました。デザイン史・建築史において貴重な資料である「緑の椅子」が現代の技術によって現在に甦りました。
 

 

プロジェクトの概要
ブルーノ・タウト氏は仙台の工芸指導所で顧問を務めた後、1934年8月から1936 年10 月まで少林山達磨寺 (群馬県高崎市 )の境内にある洗心亭に居住していました。その間、数々の家具や工芸品をデザインすることで、ドイツ工作連盟の美学を伝えました。「緑の椅子」もその中でデザインされた試作品のひとつです。タウトが求めたスレンダーな造形の実現は当時の技術では難しく、タウト自身の強度実験によって折れた跡が残されています。

この椅子を現代の技術で復刻し、量産化するプロセスのアーカイブ化に挑みました。3次元スキャンとモデリングを基に、構造の検証、図面化、量産化の検討が進められました。その後天童木工が得意とする成形合板技術のひとつ「不等厚成形」によって復刻を実現しました。

販売は少林山達磨寺様より予定しています。発売時期、カラーバリエーションおよび価格は検討中。

 

 


緑の椅子 1935

 

 

 

 


緑の椅子 2018

 

 


少林山達磨寺

群馬県高崎市にある縁起だるま発祥の寺。前橋城の裏鬼門を護る祈祷寺として水戸光圀公の尽力により開創。「少林山七草大祭だるま市」は星祭の縁日で、星祭大祈祷を厳修する正月七草(1月6~7日)の伝統行事。境内には、世界的建築家ブルーノ・タウトが1934年8月から約2年3ヶ月居住した洗心亭が当時の姿で残されている。御本尊「達磨坐像」と古今東西のだるまが展示された達磨堂や茅葺屋根の観音堂、招福の鐘、百庚申や古墳・句碑などパワースポット満載。また、桜・紅葉など四季折々の彩りが楽しめる。

 

 

ブルーノ・タウト  Bruno Julius Florian Taut (1880-1938)

ドイツの東プロイセン・ケーニヒスベルク生まれ。建築家、都市計画家。1993年に来日し、3年半に及ぶ滞在期間の中で国立工芸指導所(宮城県仙台市)および高崎の群馬県工業試験場高崎分場(昭和 11年群馬県工芸所に改組)で工芸指導にあたる。日本の産業デザイン・工芸の分野に 多大な影響と功績を残した。

 

 

 

書籍『ブルーノ・タウトの緑の椅子 / 1脚の椅子の復刻、量産化のプロセス』が出版されます。

『ブルーノ・タウトの緑の椅子-1脚の椅子の復刻、量産化のプロセス-』
緑の椅子リプロダクト研究会編
ハードカバー、112 ページ A5 変形 (148×148)
2400 円+税
発行所:Opa Press
発売所:丸善出版株式会社

 

 

 


http://www.tendo-mokko.co.jp/

(文:インテリア情報サイト編集部-4  /  更新日:2018.06.18)

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ