カンディハウス 名作建築と松浦武四郎の「一畳敷」コラボ展用家具製作 - インテリア情報サイト

カンディハウス 名作建築と松浦武四郎の「一畳敷」コラボ展用家具製作

 

 

カンディハウス
ル・コルビュジエの名作建築と
松浦武四郎の「一畳敷」コラボレーション展用 家具製作

 

 folding cosmos Villa ≪ Le Lac ≫ Le Corbusier
~フォールディング・コスモス 「小さな家」~

 

 

『建築の巨匠ル・コルビジュエと「一畳敷」のコラボレーション展』が、モダニズム建築の巨匠ル・コルビジュエの名作、スイス・レマン湖の畔に建つ「小さな家」を会場に、5月25日~6月24日の期間、開催。カンディハウスはその「一畳敷」を表現する家具(床の間・椅子・テーブル)を製作するかたちで協賛しました。
 

この展示会は、デザイナー/ディレクターの倉島美和子氏による「*foldingcosmosproject(フォールディング・コスモス・プロジェクト)」という幕末の北方探検家・松浦武四郎の「一畳敷」をテーマに日本の文化・芸術を紹介しながら交流するプロジェクトです。2011年から始まったこの展示会は、これまで国内外12の会場で行われました。2018年は武四郎生誕200年に当たり、北海道命名150年事業の企画の一つとしても注目を集めています。その周年プログラムとして、5月25日より1ヶ月間、モダニズム建築の巨匠ル・コルビジュエの名作、スイス・レマン湖の畔に建つ「小さな家」を会場に開催。北海道の木の芸術と文化を世界へ発信する機会となりますので、ぜひご注目ください。

 

会場となる「小さな家」

 

第2シリーズからは、会場となる空間とのコラボレーションによって、「一畳敷」をより会場とリンクするデザインへバージョンアップし開催。2017年9月開催の巨匠ミース・ファン・デル・ローエ設計のインターナショナル・スタイルの名作「バルセロナ・パビリオン」を皮切りに国際的な巡回企画が行われています。
 

今回、北海道150年と松浦武四郎生誕200年のプログラムとして、スイスのロング・ナイト・ミュージアムを皮切りに、モダニズム建築の巨匠ル・コルビジュエが隠居した両親のために故郷スイスのレマン湖のほとりに建てた名作「小さな家」で開催。北海道とほぼ同じ面積を有する山と湖と森の国、スイス。美しい自然の中にある名作住宅で、北海道の木の芸術と文化を紹介。飛生と札幌を拠点に活躍する彫刻家・国松希根太氏の空間の内と外をつなげる作品などを、倉島美和子氏がデザインしてカンディハウスが製作した「一畳敷」を家具化した空間と合わせて、多彩に空間を構成します。

 


小さな家のためにデザインされ、カンディハウスが製作した一畳敷(床の間・椅子・テーブル)

 

 


| フォールディング・コスモスとは


松浦武四郎による一畳敷 (東京・国際基督教大学)
 

フォールディング・コスモスとは、江戸時代の終わりから明治にかけて活躍した北方探検家・松浦武四郎が、その人生の終わりに旅先で知り合った人々や由緒ある神社などから贈られた89の木片で作った一畳だけの書斎「一畳敷」をモティーフにしたプロジェクトです。武四郎は「北海道の名付け親」と言われており、6度に渡る蝦夷地(北海道)の探査を通じてアイヌの人々とも交流を深め、蝦夷地の詳細な記録を数多く残しました。このプロジェクトでは、武四郎の「一畳敷」の世界観を現代に置き換え、旅する先々で人々と交流しながら構成された場所と空間を分かち合い、旅を通して日本人の精神性と芸術文化を世界の人々と語り、人生の記憶としての空間を作り上げ共有してゆく世界巡回企画です。

このプロジェクトの第1シリーズは2011年から2017年に開催され、札幌のモエレ沼公園・ガラスのピラミッドを皮切りにベルリン国立美術館ダーレムや近代建築の三大巨匠のひとりであるル・コルビジュエの「サヴォア邸」等を巡回後、最終会場として旭川デザインセンターが選ばれ昨年IFDA10thのタイミングで行われました。(全11会場)

 

■ 第1シリーズ 2011年 - 2017年の開催記録

2011/07 * folding cosmos SAPPORO | モエレ沼公園ガラスのピラミッド Space2 札幌市
2011/08-09 * folding cosmos NYC | space 38 | 39 ( on 38th Street between 5th Ave. + 6th Ave. Manhattan, NYC, U.S.A. )
2012/04-05 * folding cosmos BATH | Bath Artists’ Studio ( Bath, England, U.K. )
2013/08-09 * folding cosmos BERLIN | ベルリン国立美術館ダーレム ( Berlin, Germany )
2013/09 * folding cosmos SAPPORO | モエレ沼公園ガラスのピラミッド Space 2 ガラスのピラミッド10周年記念 札幌市( 基本設計 : イサム・ノグチ )
2013/10 * folding cosmos KANAZAWA | 鈴木大拙館(設計:谷口吉生 ) 金沢市
2013/12 * folding cosmos TAKAMATSU | 香川県文化会館(設計:大江 宏 )高松市
2015/01-02 * folding cosmos HELSINKI | Annantalo Art Center with AALTO University ( Helsinki, Finland )
2015/04-06 * folding cosmos VILLA SAVOYE | Villa Savoye サヴォア邸ル・コルビジュエ没後50周年記念 ( Poissy, France )
2016/11 * folding cosmos TOKYO | 慶應義塾大学三田キャンパス・旧ノグチルーム(設計:イサム・ノグチ | 谷口吉郎 )
2017/06 * folding cosmos ASAHIKAWA | 旭川デザインセンター(IFDA/国際家具デザインフェア旭川2018)

 

過去開催の様子写真

バース編

 

サヴォア邸編

* folding cosmos c CMN / FLC - ADAGP

 


バルセロナ・パビリオン編

* folding cosmos © Anna Mas - Fundació Mies van der Rohe

 

 


ディレクター・デザイナー 倉島 美和子 - くらしま みわこ

ニューヨークのデザイン事務所のインターンシップ後、1995年より岡山県立大学デザイン学部インテリアデザインコース勤務。2000年株式会社プレステージ・ジャパン勤務を経て2004年よりICSカレッジ・オブ・アーツで教える傍ら、2010年フォールディング・コスモス・プロジェクトをスタート。2017年同シリーズのバルセロナ・パビリオン・バージョンがミース・ファン・デル・ローエ財団コレクションとなる。

 

 

【開催概要】
建築の巨匠ル・コルビジュエと「一畳敷」のコラボレーション展
* folding cosmos Villa ≪ Le Lac ≫ Le Corbusier
~フォールディング・コスモス 「小さな家」~
会期:2018年5月26日 [土] ー 6月24日 [日]
会場:Villa ≪ Le Lac ≫ Le Corbusier | Route de Lavaux 21, CH-1802 Corseaux,  
   Switzerland
開場時間:5月26日「MUSEUM AT NIGHT 」17:00-24:00
     土曜日・日曜日 14:00 - 17:00 (12名以上のグループでの平日予約可能)
入場料:一般 CHF12   学生 CHF10  子供 CHF6
主催:フォールディング・コスモス | 倉島 美和子
共催:Association Villa ≪ Le Lac ≫ Le Corbusier
    HP http://www.villalelac.ch/en/index.html
協賛:株式会社カンディハウス
* folding cosmos project公式facebook
https://www.facebook.com/folding-cosmos-project-608054919239435/

 

 

 

 
カンディハウス
カンディハウスは、国内12店舗の他、アメリカ、ドイツにも拠点をもつ1968年創立の総合家具ブランド。「素材」「構造」「デザイン」にこだわり、「長く愛着をもってお使いいただける家具づくり」を基本理念に、上質な木の家具で心地よいインテリアを提案している。日本を代表的する家具産地・北海道旭川にあり、旭川ブランドの中心的存在で、近年はアジア諸国に販売代理契約を増やすなど、積極的にマーケット開拓を進めている。
http://www.condehouse.co.jp/

 

 

 

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-4  /  更新日:2018.05.31)

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ