「紙器具」の大成紙器製作所 インテリアライフスタイル 2018 出展 

 

紙の道具「紙器具」を提案する
「大成紙器製作所」
インテリアライフスタイル 2018 出展

 

 

紙の道具「紙器具」を提案する「大成紙器製作所」は2018年5月30日(水)~6月1日(金)の3日間東京ビックサイトで開催される、「インテリアライフスタイル 2018」に出展します。

 

「インテリア ライフスタイル2018/Interior Lifestyle 2018」東京ビッグサイトにて開催  → ☆ ☆ ☆
 

 Interior Lifestyle TOKYO
2018年5月30日〜6月1日
東京ビッグサイト西ホール
10:00 – 18:00 (最終日は 16:30まで)
<アトリウム企画・小間番号S-02>

 

 

暮らしに寄り添う“紙の道具” = 紙器具
「大成紙器製作所」は、大阪を拠点とし、紙箱や紙管を中心とした印刷・加工の技術やネットワークをいかしたものづくりを代々続けてきたTAISEI株式会社が、紙の道具「紙器具(しきぐ)」を提案するブランドです。「紙器具」とは、紙が私たちの暮らしに寄り添う道具として考え、その価値を再発見し「伝える・収める・設える」を理念とすることでつくられていく新しい日用品です。

 

 
新しいかたちのぽち袋として昨年話題となった「POCHI-PON」の新柄、写真や絵をはさんで飾り付けることができる「PICTURE BAR」、クリーニングタグにも使われている丈夫で発色の良い機能紙を用いた「CARD HOLDER」など新作を発表します。

 


「POCHI-PON」

 


「PICTURE BAR」

 


「CARD HOLDER」
 

 

 

大成紙器製作所とは
1919年創業で、紙箱や紙管を中心とした印刷・加工の技術や、そのネットワークを活かした会社であるTAISEI株式会社が創業時の社名を掲げ、紙から生まれる文化を耕し作り手と使い手をつなげる試みを目指すブランド。紙から生まれる文化を耕し、作り手と使い手をつなげる試みを目指したいという想いから、創業当時の屋号を再び掲げた新ブランド『大成紙器製作所(たいせいしきせいさくしょ)』を2017年発表。

 


http://www.taisei-p.co.jp/

 

 

 

(文:PR-K_PR制作部-1  /  更新日:2018.05.17)

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ