ミラノサローネ 2018 Vitra 会場 紹介

 

 

Vitra Salone del Mobile.Milano 2018
4コラージュ、5ニュース、6ウインドウズ、そしてクジラ

 

 

イタリア・ミラノで世界最大規模のデザインウィークが、2018年4月17日(火)~22日(日)までの6日間、ロー市の展示会場フィエラミラノ(見本市会場)とフォーリ(ミラノ市内会場)で開催。ミラノサローネ/ミラノデザインウィーク2018の会場の様子を紹介しています。
 

速報! 史上最高 434,509人  来場者数を記録! ミラノサローネ 2018  前年比 脅威の26%増
※第57回ミラノサローネ国際家具見本市/Salone del Mobile.Milano(以下、ミラノサローネ) は初日から熱気と興奮に包まれ、6日間で188カ国以上から434,509人の来場者を集客、同じ隔年開催見本市(キッチンとバスルームの見本市)のあった2016年と比べ17%増、前年比 26%増を記録しました。(2018年4月22日(日)情報更新)

 

 

| Salone del Mobile.Milano 2018 会場

ロー市にある巨大な展示会場 フィエラ ミラノでは第57回ミラノサローネ国際家具見本市 を開催。今年の隔年開催見本市はEuroCucina2018(エウロクチーナ)とInternational Bathroom Exhibition 2018(サローネ国際バスルーム見本市2018)。

 

 

| 4コラージュ、5ニューコレクション、6ウインドウズ、そしてクジラ

VitraのSalone del Mobile 2018では、現在のVitra Home Collectionの展開として、新しくバーションアップされた製品と古典的なデザインの再エディションを提供。「4コラージュ、5ニュース、6ウインドウズ、そしてクジラ」というスローガンで、4つのインテリアパビリオン、5つの新製品、6つのショーケースを展示。チャールズ&レイ・イームズ、ジャスパー・モリソン、マールテン・ヴァン・セヴェレン、ヘラ・ジョングリウスの家具が展示されました。

 

■ 4 Collages

 

 

 

■ 6 Windows

 

 

■ Gallery




and a Whale

 

 

 

 

 

 

vitraはスイスのビルスフェルデンに本社を置く家具メーカー。家具の製造の他に、ショップ空間やオフィス環境のサポート、公共機関のインテリアの提案をしたり、名作家具や国際的な建築家による建物を所有し、その研究などを行っている。また、優れたデザイナーと革新的な製品やコンセプトを創造しながら常にあたらしい製品を発表している。

vitraを象徴する建築「Vitra House」や「Vitra Design Museum」を含むvitraの各施設が集まったvitraキャンパスと呼ばているエリアはフランス、ドイツ、スイスの3国の国境近くに位置するドイツのヴァイルアム・ラインという町に存在している。

日本を含めアジアやアメリカではハーマンミラーがイームズプロダクトのメーカーであり、製造と販売を行っているが、ヨーロッパや中東ではvitraがその権利を有している。そのため、ヨーロッパ諸国ではvitraと言えばイームズ製品のメーカーという認識が一般的である。イームズデザインのほとんどはハーマンミラーと共同で企画開発されたものであるが、イームズオフィスから正式な権利を得てvitraでも取り扱っている。また、オーガニックチェアやイームズハウスバードなど、イームズが独自の活動からデザインしたり収集したものをvitraが製品化しているケースもある。

https://www.vitra.com/ja-jp/home

 

 

About Milano Salone
毎年4月にイタリア・ミラノで行われる世界最大規模のデザインイベント。会場の中心は、ロー市にある東京ドーム11個分の広さをもつと言われる巨大展示場「フィエラミラノ」で開催の、略称でミラノサローネとも呼ばれているサローネ・デル・モービレ・ミラノ(ミラノサローネ国際家具見本市)。毎年全体で約2,000企業・団体が出展し、国内外から約30万前後の来場者がある。最先端のデザイン、インテリアが集まる国際的なイベントとして世界の注目を集めている。それに対して、ミラノ市内各所で行われるデザインイベントがフォーリサローネで、ミラノサローネとフオーリサローネを総称して「ミラノ・デザイン・ウィーク」と呼ばれている。現在活躍している多くのデザイナーやメーカーは、このイベントの出展から世界へと羽ばたいている。


> サローネ・デル・モービレ(ミラノ国際家具見本市)公式ホームページ

(文:インテリア情報サイト編集部-1  /  更新日:2018.05.15)

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ