ミラノサローネ2018 Karimoku New Standard 会場を紹介 - インテリア情報サイト

ミラノサローネ2018 Karimoku New Standard 会場を紹介

 

 

Karimoku New Standard at Salone del Mobile 2018
実物大の建築模型のような
カリモクニュースタンダード 会場

 

 

 

イタリア・ミラノで世界最大規模のデザインウィークが、2018年4月17日(火)~22日(日)までの6日間、ロー市の展示会場フィエラミラノ(見本市会場)とフォーリ(ミラノ市内会場)で開催。ミラノサローネ/ミラノデザインウィーク2018の会場の様子を紹介しています。
 

速報! 史上最高 434,509人  来場者数を記録! ミラノサローネ 2018  前年比 脅威の26%増
※第57回ミラノサローネ国際家具見本市/Salone del Mobile.Milano(以下、ミラノサローネ) は初日から熱気と興奮に包まれ、6日間で188カ国以上から434,509人の来場者を集客、同じ隔年開催見本市(キッチンとバスルームの見本市)のあった2016年と比べ17%増、前年比 26%増を記録しました。(2018年4月22日(日)情報更新)

 

 

| Salone del Mobile.Milano 2018 会場

ロー市にある巨大な展示会場 フィエラ ミラノでは第57回ミラノサローネ国際家具見本市 を開催。今年の隔年開催見本市はEuroCucina2018(エウロクチーナ)とInternational Bathroom Exhibition 2018(サローネ国際バスルーム見本市2018)。

 

 

 

| 実物大の建築模型のようなブースデザイン

2010年からミラノデザインウィークには出展しており、昨年2017年からは本会場でエキシビションを行なっているKARIMOKU NEW STANDARD(カリモクニュースタンダード)。木製家具メーカーとして70余年の歴史を誇るカリモク家具が2009年にスタートしたブランドで、材料には国内の広葉樹(カエデ、クリ、ナラなど)を使用。国内外の才能溢れる若手デザイナーたちのアイデアが加わった長く使える品質の良さと、楽しく機能面も十分に考えられたデザインが特徴です。
 

 

これまでカリモクニュースタンダードは、ミラノの街中にある「リアル」な空間でエキシビションを行うことをコンセプトとしてきました。カリモクニュースタンダードのコレクションは、コンテンポラリーで個性的なアイテムですが、洋の東西、新旧、公私を問わずあらゆる空間に合うということを、エキシビションを通して伝えることがとても大切でした。

リアルな空間でエキシビションを行うには、わざとらしい展示にならずいかにありのままでいられるかが重要で、カリモクニュースタンダードの家具が、日々の生活のために作られたクオリティの高い木製家具であると感じてもらえるよう意識をした会場です。

 

 

本会場のブース内での展示は「リアル」な空間ではなく期間限定の舞台装置のようなものです。ここでは、リアルなインテリア空間を模造するのではなく、実物大の建築模型のようなブースをデザインしています。未完成の家のような形をしていて、空間を様々なエリアに分けている壁も完全には繋がっていない状態です。エリアはそれぞれ異なるレイアウトとカラーなので、探検をするような楽しさがあります。


必要なだけのフェイクと可能な限りのリアル、そんなフェイクとリアルの間を意識した抽象的なエキシビションデザインです。カラーは抽象ミニマリズムのアート作品からインスピレーションを受けています。

 


ここでは、リアルなインテリア空間を模造するのではなく、実物大の建築模型のようなブースをデザインしています。未完成の家のような形をしていて、空間を様々なエリアに分けている壁も完全には繋がっていない状態です。エリアはそれぞれ異なるレイアウトとカラーなので、探検をするような楽しさがあります。

 


必要なだけのフェイクと可能な限りのリアル、そんなフェイクとリアルの間を意識した抽象的なエキシビションデザインです。カラーは抽象ミニマリズムのアート作品からインスピレーションを受けています。

 

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-4  /  更新日:2018.05.14)

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ