イタリアのインテリアメーカー アルペール 新作「ARCOS」 日本初展示

 

イタリアのインテリアメーカー アルペール
2017月4月 ミラノサローネで発表した新作「ARCOS」 日本上陸
東京ショールームを一般公開

 

 

イタリアのインテリアメーカーアルペールでは今年4月にミラノサローネで発表した新作「Arcos|アルコス」を、10月16日(月)~20(金)まで東京ショールームにて初展示します。
 

アルコスは、バルセロナを拠点とするデザインデュオリエボレ・アルテールがデザインを手がけたアルペールの最新作です。アールデコ様式の幾何学模様を凝縮、再解釈し、その魅力を新たに提案しました。軽やかなツインカーブを思わせるアルミニウムのアームレストは、古典的建築物に用いられていたアーチの優雅なリズム感を想起しています。アルコスの展示にあわせてショールームの装いも一新。これまで日本で展示しきれなかったアルペール製品とともに張り地や仕様を変えたチェアやテーブルも登場します。

 

 

 

Arcos|アルコス
デザイン:リエボレ・アルテール


アルコスは、アールデコの幾何学模様からインスピレーションを得てクラシックなフォルムを再解釈したアルペールの新製品です。軽やかで洗練されたアルコスチェアとソファは、ツインカーブを思わせるグラフィカルなアルミニウムアームレストが、古典的建築物に用いられていたアーチの優雅なリズム感を想起します。アームレスト付きのチェア、ソファで展開され、ラウンジエリア、レストラン、待合室などにも最適です。既存のコレクションとも対話するように考えられたアルコスは、張り地やマット仕上げのフレームの色使いによって、独特のトーンを生み出します。

 

 

 

 

 

Lievore Altherr|リエボレ・アルテール
バルセロナを拠点とするリエボレ・アルテールは、1991年より Lievore A ltherr Molina|リエボレ・アルテール・モリーナとして 25年に渡り活動した後独立。現在 Alberto Lievore(アルベルト・リエボレ)と Jeannette A ltherr(ジャネット・アルテール)の 2人でインテリア、工業、パッケージデザインなど多岐の分野に渡り活躍。

 

 

 

 

アルペール東京ショールームは、2017年10月16日より表参道・原宿・渋谷・代官山・六本木をメイン会場として開催されるデザイン&アートフェスティバル「Desginart 2017」に参加いたします。会期中はショールームを期間限定で一般公開します。

Designart 2017 atアルペール東京ショールーム
開催期間:2017年10月16日(月)~10月20日(金)
営業時間:9:30-18:30
定休日:土日祝日休み(Designart会期中も同様)

 

 

【店舗概要】
アルペール東京ショールーム
営業時間:9:30-18:30
定休日:土日祝日休み
場所:アルペール東京ショールーム
東京都港区北青山2-7-22 H・T神宮外苑ビル 8/9F
TEL. 03-5775-0008
www.arper.com

 

 

Arper|アルペール
アルペールは、イタリア北部の都市トレヴィゾを本拠地とするインテリアメーカー。1980年代にアルペール社CEOクラウディオ・フェルトリンの父であり、名誉会長であるルイジ・フェルトリンが起業した小さなレザー製造会社が1989年にスタートしたプロジェクトから発展し、現在では、世界各国の商業施設や事務所、レストランやホテル、個人邸に向けてデザイナーチェアやソファ、テーブルを製造販売しています。2016年11月には、世界で11番目となる東京ショールームを北青山にオープンし、グローバル企業としてさらなる成長を目指しています。

 

 

 

http://www.arper.com

 

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2017.10.16)

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ