新しい陶磁器「ceramic lab」

ceramic lab
 

材料や製造過程に注目した新しい陶磁器「ceramic lab」


黒田達朗、中村 穣、後藤史明の3人が「ceramic lab」というテーマのもと、材料や製造過程に注目した新しい陶磁器を提案。「one molds」(黒田)は、鋳込みという技法で用いる石膏型を積み重ねることで、一つの型から多様な器を作り出す。「pinto」(中村)は、完全に混じり合う前の色違いの泥しょうを用い、形は同じでも表情の異なる器を制作。「drawing vessel」(後藤)は、鉛筆の芯が陶器であることに着目し、絵を描くことのできる黒い器を発表。
開催中のデザインタイドトーキョーにて11月3日まで展示。


 

bril左から「one molds」、「pinto」、「drawing vessel」

 

bri

ともにオランダのデザインアカデミーアイントホーフェンの修士課程で学び、現在それぞれ横浜、大阪、富山と異なる土地でフリーランスとして活動する黒田達朗、中村 穣、後藤史明の3人によるユニットです。実験的作品を発表しています。

http://www.bril.jp/

 

bril
デザインタイドトーキョー2011 展示の様子

 

(文:インテリア情報サイト編集部-9  /  更新日:2011.11.09)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ