白く重い、大理石なお猪口 オンラインショップ『ARIGATO GIVING』にて発売開始

 

 


イタリアの最高級大理石「スタトゥアーリオ」を使用した、
白く重い、大理石なお猪口「グイルモ/ guirmo 」を
ココロのつながりを販売するオンラインショップ
『ARIGATO GIVING』にて発売開始

 


 

モノを通じて豊かな時間作りのお手伝いを目指し、ココロのつながりを販売するオンラインショップ『ARIGATO GIVING』は、ローマ法王の彫刻を彫った唯一の日本人アーティスト「藤好 邦江」が彫るお猪口「グイルモ/ guirmo 」を発売いたします。

大理石の生産地として知られるイタリア、カッラーラの大理石から彫られたお猪口。日本で馴染みのあるマーブル調の大理石ではなく、昔からイタリアを中心に彫刻で使われている白い大理石。それはエクストラバージンオイルの様に、イタリアの最高級大理石「スタトゥアーリオ」を使用したとても貴重なものです。

 

商品ページ

http://www.arigatogiving.com/?mode=f25

 


その貴重な大理石を削るのが、イタリア人以外で唯一ローマ法王の彫刻を彫った日本人アーティスト「藤好 邦江」。彼女は石に命を与えるかのごとく、表情豊かな彫刻を仕上げます。今回は彼女が一つ一つ丁寧に仕上げた、彫刻作品のお猪口を用意しました。陶器とは違う重みを感じ、最高級の石を削り作られたお猪口でスローな時間をお楽しみください。


 

|  イタリアの最高級大理石「スタトゥアーリオ」
イタリアの大理石の産地カッラーラ地方で採れる白く輝く大理石、「スタトゥアーリオ」。その大理石はミケランジェロの彫刻でも多く使われる真っ白な貴重な石。イタリアでも現在は入手が困難と言われる「スタトゥアーリオ」を使用したお猪口は、手で持つとズシリと重みを感じ、透き通るような白の色合いがイタリアの彫刻を思い出させるかのごとく優美な雰囲気です。

 

| 商品概要


グイルモ/guirmo
 

【商品概要】
サイズ:直径60mm H55mm
素材:スタトゥアーリオ(大理石)
価格:33,000円(税別)

 

商品について
◯ 天然の石材を使用しています。模様や黒い斑点などは大理石特有のもの。独自の風合いをお楽しみください。
◯ 手作業で形を整えていますので一つ一つサイズや形状、色調や模様に差が生じますのでご了承ください。
◯ 天然石のため、石目、空隙、ピンホールなどある場合がございます。

ご使用上の注意点
◯ 大理石は、酸に弱いため酸性洗剤・カビ取り剤などは使用しないでください。
◯ レモンやオレンジなどの柑橘類、炭酸飲料など酸性のものには使用しないでください。
◯ 色がついている飲料に使用しますと、大理石に色がついてしまうためご使用はなさらないようにお願いします。
◯ 急激な温度変化を起こしますと、石が割れることがあります。
○ 冷えた状態から熱いものや、熱い状態から冷えたものをすぐに入れないでください。
◯ 電子レンジ、食洗機での使用は控えてください。
◯ 柔らかいスポンジを使用し中性洗剤で洗ってください。たわしや金属のブラシなどは使用しないでください。

商品をお使いになる前に
使い始める際には、陶器と同じように「目止め」をすることをお勧めします。お米のとぎ汁で煮沸することで石の粒子間に目が詰まり、油分が浸透しにくくなり、汚れや臭いの原因を防ぎます。目止めが難しい場合は、使いはじめはたっぷりのお水に半日から一日くらい浸して、水分をふき取ってからご使用ください。
1. 器と器全体が浸かる量の米のとぎ汁を鍋に入れます
2. 15~ 20 分ほど弱火で煮沸します
3. 十分に冷まし、よく洗い、充分に乾燥させます

 

 

| アーティスト紹介


アーティスト 藤好 邦江


<略歴>
2003 渡伊
2004-2007 国立アカデミア美術学院
2004-2010 大理石学校
2007-2010 国立アカデミア美術学院大学院
2016 吉野石膏美術財団「在外研修助成」

Works
2008 マルケッティ像 マテーラ市
2009 ジュゼッペディヴィットーリオ像 トラーノ市設置
2012 ローマ教皇像 バチカン所蔵
2013 ある日本人の肖像
2015 個展(パリGALERIE YOSHII)

Media
2009 IL TIRRENO、LA NAZIONE
2012 IL TIRRENO、LA NAZIONE、BS朝日「石のことば~彫刻家藤好邦江のイタリアの日々」
2013 TBSラジオ「久米宏ラジオなんですけど」、TBSラジオ「ラジオパープル」
2014 同窓誌「さくらの友」,雑誌「SCHOOL」

Other
2014 東京藝術大学 「集中講義」




彼女の作品は、石の重さと硬さからの解放を感じる彫刻が多い。髪の一本一本の動きと繊細さ、卵の儚い硬さを彫刻で表現できる数少ないアーティストの一人であろう。そんな彼女が一つ一つ丁寧に仕上げるお猪口がうまれました。彫刻として仕上げられたお猪口。愛でるように愛用してください。

 


http://www.arigatogiving.com/

 

 

 

(文:PR-C_PR制作部-5  /  更新日:2020.06.30)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ