Dyson 変わらない吸引力で25%軽量化を実現した新コードレスクリーナー登場


 

25%軽量化ながら変わらない吸引力1を実現。
- 日本の住環境のために開発された、
  軽量性と高い集塵性能のバランスに優れた一台 -
ダイソンのテクノロジーを凝縮した

Dyson Digital Slim™ コードレスクリーナーが登場



 

ダイソン株式会社は、日本の住環境や生活、掃除習慣を長年研究観察の上で開発された、質量1.9kgの新製品、Dyson Digital Slim™(ダイソン デジタル スリム)コードレスクリーナーを発表しました。Dyson Digital Slim™コードレスクリーナー は、ダイソン直営店・ダイソン公式オンラインストア・ダイソンお客様相談室および各家電量販店にて6月22日(月)より順次発売開始します。
 



Dyson Digital Slim™コードレスクリーナーは、質量わずか1.9kgと従来製品より25%2も軽量化しつつパワフルな吸引力を実現。ダイソン コードレススティッククリーナー史上最軽量となる本製品は性能、機能、操作性のバランスに優れた一台です。また、Dyson Digital Slim™コードレスクリーナーは、日本の住環境を長年研究、観察し日本特有の塵ゴミの理解、生活習慣や季節変動などをも考慮し、日本の住環境のために開発された一台です。ダイソン独自開発の新小型軽量デジタルモーター、Dyson Digital Slim™(ダイソン ハイパーディミアム) モーター と独自設計された新構造の高効率スクロールサイクロンの搭載で、目に見えない微細なホコリまで取り除きます3

 

ダイソン公式オンラインストア

【関連記事】
・Dyson Lightcycle Morph.ライト 新登場 ダイソン株式会社は、自然光を再現し、光の当て方を変えることにより1台で4つの照明モードを実現するDyson Lightcycle Morph.ライト (ダイソン ライトサイクル モルフ)を発表

 


 

 

詳細はこちらから>>>> Dyson Digital Slim™コードレスクリーナー



ダイソンの創業者兼チーフエンジニアのジェームズ ダイソンは、次のように述べています。

「機能する掃除機というのは、吸引力が変わらずにしっかりと目に見えない細かなホコリまで取り除ける2製品です。Dyson Digital Slim™コードレスクリーナーの開発でダイソンのエンジニア達は、ダイソンの最新テクノロジーを凝縮し、機能と性能、そして小型軽量化のすべてにおいて妥協のない優れたバランスの製品を実現すべく研究開発に取り組みました。40%小型、軽量化2したSlim Fluffy™(スリム フラフィ)クリーナーヘッドは、家具の下の隙間も簡単に掃除でき、壁際のゴミもよりしっかり取り除きます4。さらに、高い集塵性能を支えるのは、毎分最大120,000回転し、パワフルな吸引力を実現するDyson Digital Slim™モーターと、独自設計された新構造11個の高効率スクロールサイクロンです。これらにより、わずか1.9kgという軽量コードレスクリーナーながら、微細なゴミやホコリを気流から取り除くことで変わらないパワフルな吸引力を実現します。」

コードレスクリーナーのパイオニアであるダイソンのエンジニアは、実際の日本の住環境を訪問し、日本人の掃除に対する慣習などの研究を製品開発に活かしています。その過程でダイソンのエンジニアは、日本の家庭での掃除頻度が比較的高いこと、また目に見えない細かなゴミまでもしっかり取り除きたいという習慣があることを発見しました。Dyson Digital Slim™コードレスクリーナーは、パワフルな性能は変わらず、20%小さく、25%軽くなり2、操作性が向上しています。また、独自設計のサイクロン構造が取り除いた微細なゴミをしっかりと捉え、0.3ミクロンの微細な粒子を99.97%捕集5します。

 

 

1 IEC(国際電気標準会議)規格62885-2 5.8, 5.9に準拠した、強モードで新品から1回目のゴミ満量まで使用した時点での独立第三者機関SGS-IBR(英国)および自社による吸引力の変化の試験(2019-2020年に実施)。質量はDysonV11シリーズ(2019年発売)との比較。
2 Dyson V11シリーズ(2019年発売)との比較。
3 目視で区別できない粒子を吸い取る性能があります。IEC(国際電気標準会議)規格62885-2 5.1, 5.2, 5.3に準拠した、自社による集じん性能の比較試験(2019-2020年に実施)。4種類の床から取り除かれたゴミの平均。実際の使用状況により異なる場合がございます。
4 Dyson V11シリーズ(2019年発売)との比較。IEC(国際電気標準会議)規格62885-2 5.4に準拠した、自社による集じん性能の試験(2019年実施)。試験は強モードで実施。
5 ASTM F1977-04に基づく試験結果。試験は強モードで実施。0.3マイクロン未満の微小粒子状物質については、除去の確認ができていません。また、有害物質のすべてを除去できるものではありません。

 






|  Dyson Digital Slim™ コードレスクリーナーの特徴:

 ダイソンのテクノロジーを凝縮し、25%軽量化2を実現させた主な2つの特徴


1) 40%軽量化、40%小型化2したSlim Fluffy™クリーナーヘッド

床からクリーナーヘッドのネック部分への空気の経路がよりダイレクトかつ平坦になったことで、壁際のゴミがより取り除きやすくなっています。4 また、従来より薄くなったことで、家具の下の隙間も簡単に掃除できます。
 


左:従来のモデル  右:Dyson Digital Slim™コードレスクリーナー

ダイソンのエンジニアは、ブラシに使用しているカーボンファイバーとフェルト部のつなぎ目を縫合し、従来のモデルに使用していた複数のプラスチック部品と接着剤をなくすことで、クリーナーヘッドの軽量化を実現しました。Dyson Digital Slim™コードレスクリーナーは、軽量小型化しつつもダイソンの最上位機種、Dyson V11™コードレスクリーナー同様、微細なゴミと大きなゴミを同時に取り除き、日本の住居に多いフローリング等の硬い床面で高いパフォーマンスを実現します。クリーナーヘッド内の空気の経路も再設計されています。





2) パーツの性能はそのままに、軽量化された本体と小型化したパイプ

Dyson V11™コードレスクリーナーの本体が2つのパーツから構成されるのに対し、Dyson Digital Slim™.コードレスクリーナーの本体は一体型です。全体設計を見直したことで性能は変わらず、シールやリベット、機構の厚みなどがすべて削減されて軽量化が実現しました。サイクロンは5%、フィルターは19%の小型化2を図り、その他Dyson Digital Slim™コードレスクリーナーのパイプ部分は、6.3mm細く、軽く2なったショートパイプが採用されたことで、製品全体で15%短くなりました。2
 

■ パワフルな吸引力を実現する新開発の Dyson Hyperdymium™モーター

パワフルな吸引力を実現する新開発の Dyson Hyperdymium™モーターは毎分最大120,000回転し、パワフルな吸引力を実現します。高速回転を生み出すには、軽くて硬いシャフトが必要です。Dyson Hyperdymium™モーターは、1,600°Cの高温で硬化させたセラミック素材のインペラーシャフトを使用。その素材の特性からスチールの約3倍の硬度を持ちながら密度は約半分と小さいため、高速で軽量小型を実現しています。

 

 

■ 新構造により遠心分離を実現する、独自設計の高効率スクロールサイクロン

より曲線的な吸気口が付いた新形状の高効率スクロールサイクロンを採用。独自設計された11個の新構造サイクロンが100,000Gの遠心力を生み出し、微細なゴミやホコリを気流から取り除きます。空気の摩擦を減らすために吸気口の半径を拡げ、渦巻き状に吹き込む気流の角度を調整し、空気抵抗を軽減しています。
 



サイクロンの先端に向かって風速が増すことで、微細なゴミまで空気から遠心分離します。また、一部のコーンの向きを変更したことでサイクロンユニットを小型化、吸引力が落ちないよう中心部を再設計しました。吸引力を失わないために重要なのは、適切に機能するサイクロン機構です。これによってプレ/ポストモーターフィルターに押し付けられる微細なホコリが減るためです。Dyson Hyperdymium™コードレスクリーナーは、クリーナーヘッドからサイクロン部分、フィルターを経て排気に至るまでの空気の経路が一直線に設計されています。そのため、効率的な気流の経路を確保でき、変わらないパワフルな吸引力を実現するのです。

 


■ 最もパワフルな1台3役の軽量コードレスクリーナー6。 さまざまな場所の掃除が可能

スティッククリーナーとしてはもちろん、付属ツールへの付け替えで、ハンディクリーナー、布団クリーナーとして、布団やソファ、車内の掃除など様々な場所の掃除にも適しています。

 

6.IEC(国際電気標準会議)規格62885-2 5.8, 5.9に準拠した、クリアビンがゴミ満量時に強モードで使用した場合の独立第三者機関SGS-IBR(英国)および自社による吸引力試験(2019-2020年に実施)。ダイソンを除く国内の売上上位11社の最上位軽量コードレススティッククリーナー(2019年3月-8月の独立調査会社のデータに基づく)を対象に実施。軽量コードレスクリーナーとは、意識調査により、軽量と感じる本体質量として2kg未満という回答が約90%であったことから、スティック時の質量が2kg未満と自社にて定義したもの(2019年6月 家電量販店社員に対するインターネット調査 n=6636)。ダイソン デジタル スリムの1台3役は、スティッククリーナー、布団クリーナー、ハンディクリーナーを指す

 


■ その他の主な特長


 

・きれいな排気

Dyson Digital Slim™コードレスクリーナーはePTFE多孔質膜フィルターなど、製品全体で5段階にわたりゴミを捕集する設計で、0.3ミクロンもの微細な粒子を99.97%捕らえて逃しません5。ガスケットと加圧ゴムシールにより、本体内部にゴミやホコリを捕らえて逃しません。


 

・インテリジェントな液晶ディスプレイ

現在の吸引モードや秒単位の残りの運転時間をリアルタイムで表示し、効率的な掃除を可能にします。最適なパフォーマンスを維持するためにフィルターのメンテナンス時期をお知らせするだけでなく、異物の詰まりなどのトラブルもお知らせします。

 

・操作性の向上

手にした時のグリップも向上。ハンドルの外周が小さくなったことで手の小さい方でもより容易に、より快適に握れるようになりました。 トリガーの形状も曲線的になり、指の快適性が高まっています。

 


・衛生的で簡単なゴミ捨てとお手入れ

ワンタッチでゴミに触れることなくゴミ捨てができるよう設計。レバーを引き上げると、ゴム製のスクレイパーがシュラウドについたゴミをこそぎ落とし、クリアビンを衛生的に保ちます。よりスムーズに容易にゴミを排出できるため、メンテナンスもこれまで以上に簡単で衛生的です。 ブラシバー、クリアビン、一体化したプレ/ポストモーターフィルター、隙間ノズル等はすべてまるごと水洗いが可能です。7

 

 

・簡単に交換可能なバッテリー

ボタンひとつで着脱可能なニッケル・コバルト・アルミニウム組成のバッテリーが、最長40分間8安定した電力を供給します。エコモードならフローリング床面で最長40分間8、強モードなら最長5分間9の運転が可能です。 バッテリーを2つ使用すると、エコモードで最長80分間稼働します。10

(注) 予備バッテリーの有無は機種により異なります。バッテリー単体(別売り)の販売に関してはダイソン公式ウェブサイト上でご案内する予定です。

 

ランナップの詳細はこちらから>>>> Dyson Digital Slim™コードレスクリーナー

 

 

 

ダイソン コードレスクリーナーで最もパワフルな吸引力11のDyson V11™コードレスクリーナーもさらに使いやすく刷新


ダイソンのコードレスクリーナーの中でも、最もパワフルな吸引力11を誇り、優れたパフォーマンスを最長60分間12も発揮するDyson V11™コードレスクリーナーにも、日本の住環境に合わせたアップデートが加わりました。

毎分最大125,000回転し、パワフルな吸引力を生み出すDyson Hyperdymium™モーターを搭載。フローリングなどの硬い床面に加え、カーペット繊維の奥深くまで入り込んだゴミをも取り除きます。また、人間工学に基づいてバランスよく手に収まるよう設計されているため、高い場所の掃除、ハンディクリーナーとして車内や布団の掃除など、1台で多様な用途での使用が可能です。製品の全長が約7.8cm短くなった2ことで、より操作性が向上しています。また、ボタンひとつでバッテリーの着脱が可能なため、簡単に交換ができます。

(注)バッテリー単体(別売り)の販売に関してはダイソン公式ウェブサイト上でご案内する予定です。

 

7.弊社ウェブサイト上に掲載されている、製品の取扱説明書を参照してください.
8 エコモードで使用した場合の最長運転時間。実際の使用状況や床面により異なる場合がございます。
9 強モードで使用した場合の最長運転時間。実際の使用状況や床面により異なる場合がございます。
10 満充電状態のバッテリーを2個使用した場合。バッテリー1個あたり、エコモードで使用した場合の最長運転時間は、40分間。実際の使用状況や床面により異なる場合がございます。
11 IEC(国際電気標準会議)規格62885-2 5.8に準拠した、強モードを使用した場合の自社による吸引力試験(2019年-2020年に実施)。2020年5月時点で販売中のダイソンのコードレススティッククリーナーとの比較。
12 モーター駆動ではない付属ツールを、エコモードで使用した場合の最長運転時間。

 

 

 

Dyson Demo 表参道が6月22日にリニューアルオープン
世界初のダイソン直営店として2015年4月にオープンした、Dyson Demo 表参道が、6月22日(月)にリニューアルオープン。最新コンセプトで設計された店内にはダイソンのテクノロジーや製品についてお客様ご自身が見て触って体験できる仕掛けを豊富に設けており、同日に発売開始した最新のコードレスクリーナー、Dyson Digital Slimを直販限定モデルも合わせ全種類ご体験いただけます。またDyson V11. コードレスクリーナーをご購入の方はパイプをお好みのカラーに交換することも可能です。

さらに対象のヘアケア製品をご購入いただくと、付属の収納ボックスにお好みのイニシャルを箔押しし、オリジナルボックスを作成できる無料モノグラミングサービスも提供開始となります。リニューアル前よりご好評いただいていたDyson Airwrap.スタイラーのカスタマイズサービスと合わせて特別なセットをお楽しみいただけます。

Dyson Demo店舗では、直販限定モデルやカスタマイズサービスに加え、ご購入者には5年間のメーカー保証
のご提供など、Dyson Demoならではのサービスを展開しています。13

13 一部対象外製品がございます。


【店舗概要】
店名: Dyson Demo 表参道
         東京都港区北青山3-11-7 Ao 1階 → map
営業時間:11:00 ~20:00 (Aoの休業日に準ずる)


 

 

ダイソンについて

英国バース近郊のコーチハウスからスタートしたダイソンは、1993年の創業以来着実に成長を続けてきました。現在のダイソンはグローバルなテクノロジー企業として、英国、マレーシア、シンガポール、フィリピンにおいてエンジニアリングおよび試験業務を行っています。ダイソンが世界中で取得した特許と出願中の特許は10,551件に上ります。ダイソンは世界中でDyson Digital Slim.コードレスクリーナーに用いられているテクノロジーに関する特許、198件を所有しています。ダイソンは世界中で6,000名のエンジニアと科学者を含む16,000名の従業員を世界中で雇用しています。ダイソンは、グローバル規模において全個体電池、高速電動モーター、ビジョンシステム、機械学習そしてAIテクノロジーに注力し、新しい技術の研究開発に鋭意取り組んでいます。 ダイソンが社内に抱えるロボット工学チームは英国で最大級のものです。発展する社内活動と同時に、インペリアル・カレッジ・ロンドンにおけるダイソン ロボット工学ラボでは、長期的な研究プログラムが継続されています。

https://www.dyson.co.jp/

 

◎インテリアオン ラインショッピングをもっとみる>>>>>>
◎家電 ラインショッピングをもっとみる>>>>>>


◎ライフスタイル オンラインショッピングをもっとみる>>>>>
◎ライフスタイル キッチンウェア オンラインショッピングをもっとみる>>>>>

 

 

(文:制作_クリエイティブ事業部 PR / 広告_3  /  更新日:2020.06.22)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ