シロカ「シロカの温度調節電気ケトル」発売


 

シロカ
最適な温度で飲み物をおいしく飲むことのできる
「シロカの温度調節電気ケトル」を発売 

 


シロカ株式会社は、 2020年6月6日より最適な温度で飲み物をおいしく飲むことのできる「シロカの温度調節電気ケトル」を発売いたします。 


本製品では、細やかな温度調節と、設定した温度に到達すれば自動的に保温することで飲み物を一番おいしい温度でお楽しみいただけます。また、先端部分を細くすることによりコーヒーのドリップでも細く途切れず注ぐことができる使いやすさと、毎日使うからこそダイニングテーブルやキッチンに置いても飽きない心地よいデザインにこだわって開発いたしました。更に、ふたが取り外せる構造で簡単にお手入れを可能にしたため、においや汚れが残らずコーヒーや紅茶、玉露、ミルクなど様々な飲み物をお楽しみいただけます。
 




 

 

 


シロカの温度調節電気ケトル 特徴


1. 3つのモードが用途によって使い分けできる


お湯を沸かすだけのシンプルな「沸とうモード」、設定した温度まで加熱して保温する「加熱モード」、沸とうした後設定温度で保温する「煮沸モード(※)」の3つのモードが用途に合わせて選べます。例えば、通常の湯沸かしなら「沸とうモード」で、飲み物が一番おいしくなる最適な温度で沸かしたい時は「加熱モード」で、赤ちゃんのミルクなど、一度沸騰してから冷ましたお湯を使いたい時は「煮沸モード(※)」が最適です。

※煮沸モードでは、沸とう後、設定温度になるまで時間がかかります。70℃の場合、加熱を開始してから沸とう後、設定温度になるまで→約45分(室温23℃、 0.8Lの場合)室温、水量などにより時間が変わることがあります。
※「加熱モード」および「煮沸モード」で温度設定を97℃~ 100℃にした場合は、 96℃前後で保温します。


2. 1℃単位の細やかな温度設定ができる
コーヒーなら82~96℃など、人によって淹れたい温度には幅があり、おいしさを極めるのにこだわりたいポイントでもあります。この温度調節電気ケトルなら、 1℃単位の細やかな温度設定ができるので、温度計を使って測る必要もなく、手軽に欲しい温度のお湯を沸かせるのでおすすめです。


3. 0.8リットルタイプでたっぷり使えて、満水でも約5分40秒(※)でお湯が沸く
一度に0.8リットルのお湯が、約5分40秒(※)で沸かせるので、お茶やコーヒー、紅茶を淹れたり、カップラーメンを作るときにも便利です。
 ※試験条件:水温・室温:23℃の場合。環境により沸騰時間は異なります。

 

4.注ぎやすく、使いやすい

先端部分が細くなっているので、コーヒーのドリップでも細く途切れず注ぐことができます。もちろん、急須やコーヒーカップなどにも注ぎやすい形状です。

 

5.ふたが取れてお手入れしやすい


ふたが完全に取り外せるので、お手入れしやすい構造です。

 

 【商品概要】
シロカの温度調節電気ケトル SK-D171
商品名:シロカの温度調節電気ケトル
発売日:2020年6月6日
型番号:SK-D171
カラー:ブラック
消費電力:900W
本体質量: 約 0.98kg
サイズ(約):幅25.7cm×奥行21.8cm×高さ19.5cm
セット内容:ケトル、電源プレート、取扱説明書(保証書)
市場推定価格:7,980円(税別)
※市場推定価格は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が規定したものです。

 

 


 

 

 

シロカは、「おいしさ」、「デザイン性」、「清掃性」を軸として、毎日の暮らしに着目した「シロカのいいくらし」を提案しております。今後も 日々の生活を少し豊かにする調理家電の開発を進めてまいります。
https://www.siroca.co.jp/

 

 

 

◎インテリアオン ラインショッピングをもっとみる>>>>>>
◎家電 ラインショッピングをもっとみる>>>>>>


◎ライフスタイル オンラインショッピングをもっとみる>>>>>
◎ライフスタイル キッチンウェア オンラインショッピングをもっとみる>>>>>

 

 

 

(文:制作_クリエイティブ事業部 PR / 広告_3  /  更新日:2020.05.12)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ