nendoがデザインしたインテリアの一部となるコーヒーマシン

 

 

【編集部おすすめモノ】
日本コカ・コーラ株式会社のために
nendoがデザインした
インテリアの一部となるコーヒーマシン

 


 

デザインオフィス nendo から新しいプロダクトデザインの情報が届きましたのでご紹介します。

 

~・~・~・~・~・~・

日本コカ・コーラ株式会社のために、インテリアの一部となるコーヒーマシンデザインしました。

家庭用カプセル式コーヒーマシンのデザイン。コーヒー豆が入ったカプセルをマシンに入れてワンタッチ操作でコーヒーが抽出でき、「レギュラーブラック」や「アイスコーヒー」、「カフェラテ」など、いくつかのフレーバーが用意されています。

 

開発にあたり、フレーバーごとに最適な抽出温度が自動設定される機能に加え、カプセル内のお湯を均一に行き渡らさせる機構を採用したことで、エスプレッソマシンのような高圧力を使わない、圧力を抑えたドリップ方式のマシンが実現しました。これにより過剰な苦味や渋みを抑えた、香りが豊かで飲みやすい味わいとなるだけでなく、紅茶やアイスコーヒーなどの抽出も可能となり、さらに大きな特徴として抽出時の騒音を小さく抑えることができました。


正面の丸い「口」は、ドリップ時にコーヒーが飛び散りにくくすることに配慮しています。
 

 

 

他にも、コーヒーを楽しむ際のリラックス感を損なわないように、カプセル投入口のフタが開く動きはゆっくりと気持ちの良い動作となるようにチューニングされ、操作ボタンはタッチパネル式にすることで普段は隠れるようになっており、点滅する際もチカチカと急かす印象を与えないようにしました。
 

さらに、スピーカーを内蔵し、ボタンを「押した」感覚をわかりやすくするためのクリック音を加えたり、出来上がり時や水切れ時のアラームを柔らかいギター音でお知らせするといった、音のデザインも行いました。

 

マシンの隣に置くとぴったりと寸法が揃うカプセル収納ケースと使用済みカプセル用のボックスも合わせてデザイン。
 


 

その「静かさ」を生かすことを考えた結果、キッチンで使われる調理器具としてではなく、リビングなどの生活空間内で使われることを想定したデザインにすることに。
 

 


上から
 


右側面
 


左側面

壁沿いだけでなく、部屋の真中に置かれてもいいように、シンプルなキューブ型の本体は裏面まで綺麗に仕上げています。


 

この製品を購入する


【発売記念カプセル2箱付き】&Drip(アンドドリップ) コーヒーメーカー (ホワイト)

 

この製品を購入する

【発売記念カプセル2箱付き】&Drip(アンドドリップ) コーヒーメーカー(ダークレッド)

 

 

 

 

最後に、給水タンクの代わりに500mlのペットボトルも直接取り付けられる仕様にすることで、給水や洗浄の手間を省くと同時に、このプロジェクトが同社のミネラルウォーター「い・ろ・は・す」との相乗効果が生まれることにも期待しました。
 

Photographer: Akihiro Yoshida

 

&Drip
https://www.and-drip.jp

 

nendoの記事をもっとみる > > > #nendo1 #nendo2

 

 


http://www.nendo.jp/
 

 

 

問題解決ラボ――「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術

 

 

この本を購入する

コップってなんだっけ?

どこにでもある普通の「コップ」を主人公にした絵本。自身に注がれたカフェラテを混ぜるためのスプーンがないことに気づいたコップが、自らの形状を次々と変化させながら問題を解決しようとする物語。デザインとは単に造形することだけではなく、日常におけるちょっとした不便を発見し、それに対する解決策としてのカタチを生み出すことであるという、デザインやその本質をできるだけわかりやすい形で表現。一個のコップに対して、「これはふつうのコップだな」と決めつけるのではなく、「コップってよく見たら面白いな」「どうやったらもっと面白いコップになるのかな?」というものの見方をすることで、日常の中に新たな豊かさを感じてもらいたいと考えた。

http://www.nendo.jp/jp/works/not_just_a_cup/

 

 

 


全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・ショップデザイナー・プロダクトデザイナーなどインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

求人担当者様はこちらをご覧ください。 → 採用担当者様へ

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2019.12.12)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ