Photos【ミラノサローネ2019速報】エウロルーチェ会場を紹介

 

 

Photos 【ミラノサローネ2019速報】
ミラノサローネ国際家具見本市
新しいダイナミックな光:スマート、
持続可能、ヒューマンセントリック
.Euroluce|エウロルーチェ 会場を紹介

 

 

ホール9,11,13,15の4つの展示スペースでは、奇数年の今年は第30回エウロルーチェとWorkplace3.0を開催。ここでは第30回エウロルーチェを紹介。今年は、美学の新しい概念を提示できる、より統合された知的な照明が登場。照らすだけでなく、空間を感じ共存します。魔法と具体性、単純さと複雑さが混在した提案です。

 

 

 

 

統合されたスマートな照明
第30回を迎えたエウロルーチェは、統合されたスマートな照明を提供しました。照明は、空間を照らし、感じ、暮らしを提供します。技術開発、制御システムの進化、光源の小型化は新しい可能性を切り開きます。今年のキーワードは、実験と技術革新、持続可能と美の追求です。美学の新しい概念を提示できる、より統合された知的な照明が登場。照らすだけでなく、空間を感じ、共存します。魔法と具体性、単純さと複雑さが混在した提案です。

 


 


 

 

 


 


 

革新的な照明器具から照明システム、光源および照明技術のためのソフトウェア、持続可能な新しい素材の使用などユニークで幅広いバリエーションの製品群を一堂に介しました。エウロルーチェは、屋内外の照明だけでなく、コントラクトおよびオフィスの照明、ならびに照明業界向けに開発された製品によって、照明のマーケットにとって最も刺激的で国際的なプラットフォームであり、業界の経営者にとって必見の場です。

また、エウロルーチェは単なるビジネスの場ではなく、刺激とインスピレーションが生まれる場でもあります。技術開発、制御システムの進化、光源の小型化は、個々の照明器具のデザインと照明効果のデザインの両方の観点から、設計者に新たな可能性を切り開きました。今回は、現代の照明デザイナーのキーワードを、実験と技術革新、持続可能性、ヒューマンセントリック、美的研究となりました。

出展企業は展示エリア全体に流動的な存在感を示し、仕事場を柔軟で浸透性のあるダイナミックな空間へと転換し、仕事と日常的な活動が共有される解放された空間を提供しました。

 

 

About Milano Salone
毎年4月にイタリア・ミラノで行われる世界最大規模のデザインイベント。会場の中心は、ロー市にある東京ドーム11個分の広さをもつと言われる巨大展示場「フィエラミラノ」で開催の、略称でミラノサローネとも呼ばれているサローネ・デル・モービレ・ミラノ(ミラノサローネ国際家具見本市)。毎年全体で約2,000企業・団体が出展し、国内外から約30万前後の来場者がある。最先端のデザイン、インテリアが集まる国際的なイベントとして世界の注目を集めている。それに対して、ミラノ市内各所で行われるデザインイベントがフォーリサローネで、ミラノサローネとフオーリサローネを総称して「ミラノ・デザイン・ウィーク」と呼ばれている。現在活躍している多くのデザイナーやメーカーは、このイベントの出展から世界へと羽ばたいている。


> サローネ・デル・モービレ(ミラノ国際家具見本市)公式ホームページ

> ミラノサローネ国際家具見本市日本公式サイト

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2019.04.10)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ