【DYK】ダイクの包丁、お玉、かすあげ、フライ返し

 

 

 

大工道具の老舗が生み出す、
キッチンをデザインする調理道具
キッチンツールブランド「DYK(ダイク)」

 

 

燕三条の大工道具の老舗、株式会社高儀のキッチンツールブランド「 DYK(ダイク)」。創業から 150年余り、大工道具の製造を通じて培ってきた技術と理念を活かして作られたキッチンツールを紹介します。

 

新ブランド「 DYK」は、中川政七商店の業界特化型コンサルティング事業をきっかけに開発を開始し、PRODUCT DESIGN CENTER鈴木啓太氏のブランディングおよびプロダクトデザインによって商品化されたブランドです。「 DYK(ダイク)」の由来は “Design Your Kitchen”。大工道具の老舗が生み出すキッチンをデザインする調理道具です。

 

「DYK」のコンセプトは “取り合わせの妙 ”
新潟県・燕三条は、江戸時代から続く日本を代表する刃物産地。その地で1866年(慶応 2年)、のこぎり鍛冶として創業した高儀は、大工道具を中心とした刃物道具問屋として大きく発展しました。古来より日本の大工たちは、数ある道具の中から “取り合わせ ”を考え、それらを巧みに使いこなすことで美しい建物を作ってきました。料理道具においても同様に、使い手が道具それぞれの相性を考え、その人の美意識を引き出すキッチンツールとなるよう生まれたのが「 DYK」です。包丁や調理器具だけでなくツールスタンドや鍋の発売も予定し、様々な道具の中から使う人の好みによって “取り合わせ ”が楽しめるキッチンツールを展開します。


 

| ブランドの特徴

①キッチンをデザインする調理道具
「DYK」はプロダクトデザイナー鈴木啓太氏によって、機能美が生かされた一貫性あるプロダクトとして開発されました。使う人の好みによって選べるよう、和洋の調理器具を用意。
 


数ある中からサイズや用途によって道具を取り合わせることで、自分好みのキッチンにデザインすることができます。ツールだけでなく包丁や収納器具、鍋まで統一されたデザインで揃えることが可能です。

 

 

②機能性と美しさを考え抜いたプロダクト

包丁とツールのグリップに採用している「モナカ構造」は、ふたつの膨らんだパーツを溶接し、中空の状態にすることで軽さを実現しています。また1人分の汁物がぴったりすくえるお玉や、指掛かりがよく作業しやすいグリップの凹部、グリップの膨らみを活かした斬新なツールスタンドの設計など、機能性と美しさが一致したデザインが特徴です。

包丁(SILVER):小型三徳包丁 ペティナイフ、牛刀、三徳包丁、 パン切

包丁(BLACK):小型三徳包丁 ペティナイフ、牛刀、三徳包丁、 パン切
 

 


▼ DYK(ダイク) オールステンレス包丁:小型三徳包丁


和包丁と洋包丁の利点を融合させた新設計の包丁。200を超える試作を行い、握りやすさと美しさを完璧に両立。ハイライトが美しいシルバーのカラーリングです。

 


▼ DYK(ダイク)オールステンレス包丁: ペティナイフ


和包丁と洋包丁の利点を融合させた新設計の包丁。200を超える試作を行い、握りやすさと美しさを完璧に両立。精巧に仕上げられたマットブラックのカラーリングです。
 

 

 


 ■ DYK(ダイク)ステンレス:お玉、かすあげ、フライ返し、レードル、パンチングレードル、ターナー


ステンレス:お玉、かすあげ、フライ返し

ステンレス:レードル、パンチングレードル、ターナー

モナカ構造を活かした特徴的なグリップが軽さを実現。機能性と美しさが一致したデザインが特徴です。和食に使い勝手がいいラインナップをご用意しました。
 

モナカ構造を活かした特徴的なグリップが軽さを実現。機能性と美しさが一致したデザインが特徴。洋食に使い勝手がいいラインナップです。
 

 


▼  DYK(ダイク) ナイロン:万能スプーン、万能トング、パスタトング


ナイロン:万能スプーン、万能トング、パスタトング

ナイロン製で耐熱性に優れているため、火をかけたフライパンや鍋の中でも安全に使うことができます。調理だけでなく食卓での料理の取り分けにも活躍する万能ツールです。

 


DYK(ダイク) ステンレスツールスタンド


ステンレスツールスタンド Mirror

「DYK」のツール類が6本掛けられるスタンド。ツールのグリップのふくらみを活かすことで、引っ掛けるだけで納めることができます。
 


ブランドサイト: http://www.dyk-takagi.jp/

 


■ テーブルウエア オンラインストア >>>> もっと見る

■ キッチンウエア オンラインストア >>>> もっと見る

■ デザイン家電 オンラインストア >>>> もっと見る

■ 家具・インテリア  オンラインストア >>>> もっと見る

■ インテリア用品 オンラインストア >>>> もっと見る

■ 照明 オンラインストア >>>> もっと見る

 

 

(文:制作 クリエイティブ事業部 PR / 広告-2  /  更新日:2021.03.28)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ