2019年春、アルテック日本初の直営店が表参道にオープン

 

2019年春、アルテック日本初の直営店
表参道にオープン



アルテックの日本初となる直営店Artek Tokyo Store (アルテック 東京ストア)が 2019年4月27日、表参道にオープンします。

オープンの注目アイテムとして、フィンランドと日本の外交関係樹立100周年を祝う特別コレクション「FIN/JPN フレンドシップ コレクション」が登場します。アルテックは、4月9日、来るミラノサローネ国際家具見本市にて「FIN / JPN フレンドシップ コレクション」を世界に向けて発表。Artek Tokyo Storeでは、日本の伝統的な技術藍染でフィンランド産バーチ材を染めた「スツール 60 藍染」(日本限定・数量限定100脚)、日本のデザイナーとのコラボレーションによる家具や書籍、テキスタイルなど全7種のコレクションを順次発売します。
 
創業から84年を経た今年、奇しくもフィンランドと日本が外交樹立100周年を迎える年に、両国の文化、暮らし、価値観を結ぶフラッグシップストアのオープンが決定。Artek Tokyo Storeは、フィンランドと日本の文化やライフスタイルを相互に伝え合い、現代の暮らしにおける本当の豊かさを発見することができる場所です。
 
  【関連記事】
神奈川県立近代美術館 葉山「アルヴァ・アアルト ––もうひとつの自然」展 開催
・アルテック 「スツール 60 ウスタヴァ」とテキスタイル「キルシカンクッカ」 発売

 


 「アルテックに残る記録によると、日本にアルテック製品が登場したのは1960年代のこととされています。それ以来、私たちは、情熱と親しみを込め、日本における活動を続けてきました。日本に直営店を持つことは長年の夢であり、ついにその時が最も相応しいタイミングで訪れました。東京にアルテックのアイデンティティを受け継ぐ場所が生まれます。そこは『日々の暮らしをより良くより美しく』という想いをともにする人たちが集う場になるでしょう。私たちも楽しみで仕方ありません。」

アルテック社長 マリアンネ・ゴーブル
 
 


 | アルテックストア - 1936年ヘルシンキから2019年東京へ 


1936年 ヘルシンキのアルテックストア

 


 2017年 ヘルシンキのアルテックストア
 
アルテック創業の翌年である1936年、最初のアルテックストアがヘルシンキの中心部にオープンしました。当時からアルテックの家具や照明だけでなく、アルテックと価値観を共有するブランド、生地や小物、クラフト品など厳選されたプロダクトを扱う、現代におけるライフスタイルショップの先駆け的存在でした。さらにギャラリーを併設するなど、文化的な側面に焦点をあてた初期のデザインストアとして、80年以上にわたり、人々の暮らしにモダニズムのあり方を提示し続けてきました。アルテックストアはフィンランドのデザイン文化の形成に多大なる影響を与え、同時に、世界に向けてフィンランドデザインを発信する役目を担っていました。2019年、フィンランドに次ぐ世界第二のマーケットである日本に、初の直営店、Artek Tokyo Storeが誕生します。設計は、日本の設計事務所DAIKEI MILLSが担当します。
 
 


 「永遠の相棒」を見つけ出す空間 

湖のほとりを歩き、家路につく
 
 「アルヴァ・アアルトのデザインをはじめとするアルテック の家具は、日本の文化とも親和性が高く、伝統的な日本家屋に在っても、はたまた現代的な都市のマンションの一室に在っても心地よくフィットする。アルテックの家具は、現代的でありながらも自然の匂いをもたらしてくれる普遍的なもの、なおかつ、有機的なシェイプが飼猫のように愛くるしくも思え、思わず撫でてしまう、そんな『永遠の相棒』のような存在でもある。東京・表参道という立地、フィンランドとは非常に異なる環境下において、フィンランドの自然がもたらすデザインに触れながらも、日本の住空間と暮らしに溶け込む『永遠の相棒』を見つけ出す空間を提供したい。」

DAIKEI MILLS

 


中村圭佑氏(ダイケイミルズ)

DAIKEI MILLS

 

 

 

Artek Tokyo Store
1935年にフィンランドで創業した、北欧モダンを代表するインテリアブランドであるアルテックの日本初直営店。約200㎡の店内には、アルヴァ・アアルト等フィンランドデザインの巨匠達による家具、照明、テキスタイルから、現代グローバルに活躍するデザイナーの最新作まで、アルテックのコレクションが一同に会します。特別商品、アルテックと価値観を共有するブランドや製品をともに取り扱うArtek Tokyo Storeは、現代の暮らしにおける本当の豊かさを発見することができる場所であり、アルテックのフラッグシップストアです。

 【店舗概要】
Artek Tokyo Store
住所:東京都渋谷区神宮前5 - 9 - 20  1F・B1F → map
 



アルヴァ・アアルト、アイノ・アアルト

アルテックについて
アルテックは1935年、アルヴァ・アアルト、アイノ・アアルト、マイレ・グリクセン、ニルス=グスタフ・ハールの4人の若者により「家具を販売するだけではなく、展示会や啓蒙活動によってモダニズム文化を促進すること」を目的に、ヘルシンキで設立されました。今日、アルテックのコレクションは、フィンランドの巨匠たち、そしてグローバルに活躍する建築家やデザイナーによる家具や照明器具、ホームアクセサリーが揃っています。それらは一様に、機能主義に基づき、明快なデザインとシンプルな美しさを追及した製品です。創業者の精神を受け継ぎ、アルテックは今日でもデザイン、アート、建築の交点に立ち、未来への道を切り開き続けています。


 

<アルテック製品の一部をご紹介>

 

アルテックは、Artek Tokyo Storeが、人生において意味のあるものを選びたいと望んでいる人、本物の製品であることを大切に考えている人、北欧のデザインやライフスタイルに親しみを感じている人に、今の暮らしへの新たなヒントとインスピレーションをもたらす場所になることを願っています。​

 

 

アルテックHP

https://www.artek.fi/jp/

 

(文:PR-W_PR制作部-5  /  更新日:2019.02.11)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ