ウイルス除去・除菌製品「クレベリン」 nendoデザインでブランドリニューアル

 

【デザイナーからのニュースレター】

大幸薬品のウイルス除去・除菌製品「クレベリン」
デザインオフィスnendoが手掛け、ブランドリニューアル

 

 

二酸化塩素分子によって空間に浮遊するウイルスや菌を除去する、大幸薬品「クレベリン」のブランドリニューアルを佐藤オオキ率いるデザインオフィスnendoが手掛けました。2018年9月13日(木)より全国のドラッグストアなどで発売が開始されます。

 

 

| パッケージ&ロゴ

パッケージは、既存ユーザーが混乱しないよう、ブルーを基調としたこれまでの配色や印象は踏襲。店頭での視認性を高めるために、中央にあったグラデーションは3階調の円形にしました。

また、これまでの商品名が英語表記がメインだったのに対し、カタカナ表記を大きくあしらい、散乱していた情報を上から優先度が高い順番に「ブランド名→商品分類→機能説明→容量・個数→企業名」と並べ替え整理。

商品の分類ごとに、パッケージの天面の色を変え、最後に「C」がウイルスを食べているような形状のロゴマークをあしらったデザインにしました。


 

| 商品本体

商品本体は、従来の文字要素を全て取り除き、部屋に置いたり持ち歩く際にノイズとならないよう配慮しました。
 



今後、様々な色や柄に展開することで着せ替えが可能となる置き型タイプの「専用ケース」も新たに用意し、裏面には簡単にセッティングできる回転ダイヤルによって「使用期限月」がわかるようになりました。これによって、正しいタイミングで買い換えてもらえる機会が増えることを目指しました。

 

オフィシャルウェブサイト(9/13~サイトリニューアル)

https://www.seirogan.co.jp/cleverin/

写真:吉田明広

 

 

【関連記事】
#nendo

 

 


http://www.nendo.jp/

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-3  /  更新日:2018.09.04)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ