イケア×BEA ÅKERLUND 限定コレクション「OMEDELBAR/オメデルバル」 登場

 

~今までイケアになかった奇抜なデザイン~ 
イケア×BEA ÅKERLUND 
限定コレクション「OMEDELBAR/オメデルバル」 登場

 

 


「より快適な毎日を、より多くの方々に」をビジョンとするスウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニー イケアの日本法人イケア・ジャパン株式会社は、ハリウッドで活躍するファッションアクティビスト、Bea Åkerlundとのコラボレーションによる新コレクション「OMEDELBAR/オメデルバル」を2018年6月1日(金)より販売します。


Bea Åkerlundは、ハリウッドのセレブリティ(マドンナ、ビヨンセ、レディ・ガガ、リアーナなど)のスタイリスト兼衣装デザイナーとして知られています。奇抜なシグネチャー・ルックで、そのユニークなスタイリングセンスが有名です。イケアのクリエイティブ・リーダーのKarin Gustavssonが、ある日スウェーデンのラジオ番組に出演していたBeaの話を聞いて、これだけファッションに精通している人なら、間違いなくインテリアデザインにも関心があると確信し、声をかけたことがきっかけでコラボレーションがはじまりました。実現したかったアイデアが300個はあったと言うBea。イケアには、梱包や輸送に関してのガイドラインがあり、巨大な靴の形のソファをつくるアイデアは残念ながら却下になったこともありました。

 

 

テーマは、とにかく楽しむこと、常識にとらわれないこと。フェミニンでソフトな要素にロックなテイストをミックスするなど、意外な組み合わせや遊び心あるサプライズが大きな特徴になっています。懐中時計を大ぶりな掛け時計にする、手鏡を大きなサイズに引き伸ばしてみるなど、サイズ感で遊ぶこともしています。


Beaのトレードマークは真っ赤に塗ったリップで、ベッドに入るときも口紅は落とさないほど。そこで、アイコニックな赤リップの形のクッションがアイテムに加わりました。そのほか、イケア初の大量生産型3Dプリント製品による手のオブジェ、キャリーバッグ、実物大のシルクハット型の花瓶、王冠型のボウルなどがラインアップ。OMEDELBAR/オメデルバルは、服もアクセサリー類も、個々の個性も、Bea独自の突き抜けたスタイリッシュさでディスプレイできます。

 

 

 

■ ゴス(現代的なサブカルチャー)&グラマラス

ゴスとハリウッド的グラマラスのハイブリッドという、Bea特有のスタイリングのエッセンスを見事に捉えたのがOMEDELBAR/オメデルバルコレクション。ベッドルームやドレッシングルームに、いつまでもここにいたいと思うようなエクスクルーシブな雰囲気をもたらすアイテムで構成されています。全部で約40のアイテムは、どれも一人ひとりの個性と創造性を引き立たせるものばかり。

 

 

■ B. WHO YOU ARE! (自分らしくあれ)

このコレクションが伝えたいメッセージは「『B. WHO YOU ARE(自分らしくあれ)』。「世間にどう思われようが、自分自身を受け入れて大切にするということ。私自身の座右の銘で、今の私を形づくってきた言葉でもあります。このコレクションをきっかけに、もっと枠からはみ出したり、リスクを冒して楽しんだり、イケアにあるとは思いもしなかったものを買ったりするようになってもらえたら。一言で言うと、もっと人生を楽しんでもらえたらなあ、と思います!」

Bea
 

 

 

 


一部商品のご紹介(税込価格)

 

 


OMEDELBAR クッション L55xH30cm ¥1,999(税込)
  

 

 

 


OMEDELBAR キャリーバッグL W55×D37, H35cm ¥399(税込)
  

 

 

 


OMEDELBAR 花瓶 ⌀26, H19cm ¥3,999(税込)
  

 

 

 

 

 


OMEDELBAR ウォールクロック ⌀45cm ¥6,999(税込)
  

 

 

 


OMEDELBAR グラス 38cl ¥499/2ピース
 

 

 

 

OMEDELBAR ボウル ⌀20cm, H22cm ¥2,999

 

 

 

【コレクション概要】
コレクション名:OMEDELBAR/オメデルバル
発売開始:6月1日~なくなり次第終了
       ※IKEA仙台ではお取り扱いがありません。
サイトURL: https://www.ikea.com/ms/ja_JP/ikea-collections/omedelbar/index.html

 

 

ikea_logo.png

http://www.ikea.com/jp/ja/

 

(文:インテリア情報サイト編集部-5  /  更新日:2018.05.29)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ