「インテリア ライフスタイル/Interior Lifestyle 」東京ビッグサイトにて開催

 

 

インテリア・デザインの国際見本市
「インテリア ライフスタイル/Interior Lifestyle Tokyo」
東京ビッグサイトにて開催

 

 

メッセフランクフルト ジャパン(株)は、秋冬商戦に向けたインテリア・デザインの国際見本市「インテリア ライフスタイル」を東京ビッグサイトにて、2018年5月30日(水) - 6月1日(金)の期間、開催されます。

 

メッセフランクフルト ジャパン(株)は、6月に「インテリア ライフスタイル」を、11月に(一社)日本家具産業振興会との共催で「IFFT/インテリア ライフスタイル リビング」を開催しています。どちらも家具から小物、雑貨まで衣食住に関わる商材を持つ出展者が集まる「ライフスタイル提案型」のインテリア・デザインの総合見本市でドイツ・フランクフルトで開催される世界最大級の国際消費財見本市『アンビエンテ』とホームおよびコントラクトテキスタイル国際見本市『ハイムテキスタイル』の 2つを母体とする姉妹見本市です。

 

このイベントは、世界 30カ国・地域から、デザイン性の高いジュエリー、ファッション雑貨からキッチンツール、フード、ハイエンドな家具に至るまで、衣食住と日々の生活にまつわる様々な分野のプロダクトのデザイン、製造、販売を行う出展者約 800社が参加するインテリア・デザインの総合見本市です。国内外より約 30,000人ものビジネス来場者が訪れ、人、モノ、情報を通じたさまざまな出会いが巻き起こります。
 

 

|   「アトリウム特別企画」と12 のゾーンで構成

会場構成毎年テーマを変える「アトリウム特別企画」と12 のゾーンで構成しています。

 

 

■ アトリウム特別企画「For Here or To Go?」
毎年テーマを変える「アトリウム特別企画」では、ディレクターにデザイン市場で経験豊かなバイヤーである(株)メソッドの山田遊氏を迎え、ともに新しい商談の場作りを試みます。

テーマは、「For Here or To Go?」。海外のファストフード店やコーヒースタンドでもお馴染みのこのフレーズは、ここで食べるか、持ち帰るかという意味ですが、商談をここで詰めるか、社内で会議するか、とバイヤーの意識を問い直すテーマ。見本市は、ものを見るだけでなく、話をすることが大事であるとの考えのもと、バイヤー、商社、メーカー、デザイナー、プレスなど出展者と来場者が気軽に会えて、世間話や挨拶が買い付けや企画に繋がっていくような、ものとことが絶妙なバランスで共有できる場所をイメージします。出展商品の導入を検討しやすい工夫や、ものが生まれる前段階でのアイデアや情報のトレードもしやすい環境作りで、今後の合同展示会の理想形を目指します。

会場構成はシンプルに、実際の店舗づくりと同じように間口を広げて奥行きを浅くして、来場者がさっと歩くだけで商品が見れるようなブースに、家具、インテリア小物、テキスタイル、ファションアイテム、フードなど暮らしを彩る様々なアイテムが並びます。中央にはテーブルが用意され、物をきっかけに話ができるような構成に。会期中は、山田氏自身のオフィスをアトリウム会場に移し、様々な出会いや交流を体現していく予定です。

 

山田 遊:
南青山のIDEE SHOP のバイヤーを経て、2007 年、method(メソッド)を立ち上げ、フリーランスのバイヤーとして活動を始める。現在、株式会社メソッド代表取締役。グッドデザイン賞審査委員など各種コンペティンションの審査員や、教育機関や産地などでの講義・講演など、多岐にわたり活動中。主な著書に『別冊 Discover Japan 暮らしの専門店』『デザインとセンスで売れる ショップ成功のメソッド』。
 


 

■ 12 のゾーン 構成

1. HOME新たな住まいのスタイル提案
国産家具から海外ブランドまで幅広いラインナップの中から、住まいの世界観を変える、多様なテイストの家具、照明、テキスタイルなどが見つかります。

2. ACCENT暮らしに新たなアクセントを
デザイン雑貨、ギフトアイテム、アート &オブジェ、フレグランス、服飾雑貨、ステーショナリー、デジタルガジェットなど、生活に「アクセント」を加える幅広い商材が集まるゾーン。

3. EVERYDAY美しい暮らしの生活用品
収納や整理のためのアイテム、水まわり品、新しい家事習慣、ホームケアのための毎日の生活用品が揃います。

4. KITCHEN LIFE食卓から料理まで新たなシーンを
上質なテーブルウェアから最新のキッチン道具、ダイニング道具まで、住まいの中心となったキッチン空間のためのアイテムが揃います。

5. GLOBAL世界各国のブランドが集結
日本にいながら海外のブランドやものづくりと出会えるゾーン。インテリア、デザインの世界的な動向が見えてきます。

6. JAPAN STYLE日本のデザインとものづくりを発信
日本国内だけでなく、ヨーロッパやアジアからも注目されている日本のプロダクト。特に洗練された、質の高い日本のプロダクトが並びます。

7. NORDIC LIFESTYLE上質な北欧のライフスタイル
スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドなど日本で根強い人気の北欧ライフスタイルブランドが集結。テキスタイルから小物まで様々なカテゴリーの商材が並びます。

8. MOVEMENT最新デザインの動向を反映
国内外で高く評価されているコンテンポラリーなデザインブランドが勢揃い。

9. NEXTステップアップのためのサポートプログラム 1
注目の若手起業家による新規ブランド発信の場。次世代を担うデザインプロダクトを発表します。

10. TALENTSステップアップのためのサポートプログラム 2
今後世界にはばたくであろう、新進気鋭のデザイナーと企業を結ぶプラットフォーム。

11. FOODISTステップアップのためのサポートプログラム 3
国内外のこだわりあるライフスタイルに溶け込む多様な食の提案の場。

12. JEWELRY- selected by gallery deux poissons
注目のジュエリー特別企画森 和彦氏(ギャラリー ドゥ ポワソン)のセレクトによる、個性的なジュエリーブランドが集結。

 

文化、伝統、現在、未来、デザイン、アイデア、技術、コミュニケーション…あらゆるものが集まる場。つくる人、売る人、仕入れる人、伝える人など、出展者も来場者もここに集まる人がフラットな関係で、出会い、交流できる場。トレードショーではありますが、いろいろな角度から見てみると、モノを売る・買うというだけではない、それぞれの立場にとって、また生活者にとって多くの発見があるインテリア・デザインの国際見本市です。

 

 

 

 

【開催概要】
名称:インテリア ライフスタイル/Interior Lifestyle Tokyo
会期:2018年5月30日(水) - 6月1日(金)
時間:10:00~18:00 (最終日は16:30 まで)
会場:東京ビッグサイト西ホール全1・3・4ホール+アトリウム
出展者数: 803 社 / 30 カ国・地域(4月16日現在)
入場料:2,000 円(Web 事前登録者、招待状持参者は無料)
※商談を目的とした B to B の商業見本市の為、一般の方はご入場いただけません。
WEB:https://interiorlifestyle-tokyo.jp.messefrankfurt.com/tokyo/ja/visitors/welcome.html

 

 

 

 

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-4  /  更新日:2018.05.03)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ