檜風呂「シプレッソ ルナ 1414」 iF Design Award 2018を初受賞

 

 

JAXSONブランド
木曽檜と純白のアクリルが融合した檜風呂「シプレッソ ルナ 1414」 
iF Design Award 2018を初受賞
 

 
 
日本発の高級浴槽ブランド「JAXSON」を販売するblisspa japan(ブリスパ ジャパン) 株式会社は、2018年1月30日、世界三大デザイン賞のひとつと言われる“iF Design Award 2018”を初受賞しました。今回受賞した『シプレッソ ルナ 1414』はプロダクト部門での受賞となります。
 

ハノーバー(独)を本拠地とするiF International Forum Designは、世界で最も長い歴史を持つ独立したデザイン団体で、毎年優れたデザインを選出し“iF デザインアワード”を授与しています。54の国・地域から過去最多となった6,400件を上回る応募デザインを、63名のデザイン専門家が厳正に審査し、当社の『シプレッソ ルナ 1414』は「工業製品であるアクリルバスタブと日本特有の天然素材である檜を融合させたユニークかつ完成度の高いデザインとコンセプト」の点で今回の受賞となりました。
 

| About the iF DESIGN AWARD iF デザインアワードについて

iF デザインアワードは、65年にわたり国際的に権威のあるデザインアワードのひとつとして、またiFロゴは優れたデザインの証として広く認知されています。賞は、プロダクト、パッケージ、コミュニケーション、サービスデザイン/UX、建築、インテリア・内装、プロフェッショナルコンセプトの7分野で構成されています。すべての受賞デザインはiF WORLD DESIGN GUIDE及びiF design appに掲載し、ハンブルグ(独)にある施設iF design exhibition Hamburgにて展示します。

iF WORLD DESIGN GUIDE  : https://ifworlddesignguide.com/

iF design app        : https://ifworlddesignguide.com/app

iF design exhibition Hamburg: https://ifworlddesignguide.com/exhibitions

 

 

 

 

| About Cipresso Series シプレッソシリーズについて

 

イタリア語で“檜”を意味する「シプレッソ」は、日本が誇る伝統的な天然素材「木曾檜」とアクリルの融合によって各々の素材が持つ特性を生かされたバスタブです。

 

手仕事が生み出す繊細なディテールとクオリティ、アクリルバスタブの入り心地とメンテナンス性の良さ、檜 - アクリル - 水が織りなす穏やかなカラートーンが、品格と温もりのバス空間を創造。

 


檜の数百年を経た緻密な木目と温かく優しい質感と香り、アクリルバス独特の肌あたりと美しい水のブルー、五感で愉しむバスタイムを提案します。

 

満月のように正円のバスタブと微かにふくよかなラインを描く木曾檜のカバーが融合した“シプレッソ ルナ 1414”。檜の香気と質感、アクリルの吸い付くような肌触りと湯水のブルーをお楽しみいただけます。タブ部分がアクリル製のため純木製浴槽に比較してメンテナンス性にも優れています。

 

 

 

【製品概要】
製品名:Cipresso Luna 1414 / シプレッソ ルナ 1414
サイズ:φ1500x650H(mm) 495L(満水量)
価格:250万円(税別) ※ステップはオプション
発売:2017年1月
デザイナー:清水 秀男
 

 

 

JAXSON
JAXSONは、日本古来の風呂文化を背景に、従来住宅設備の一部であったバスタブをインテリアとしてとらえ、最高のデザイン、入り心地、クオリティを追求したバスタブを世界に発信する、日本発の高級バスタブブランドです。バリ島の「リッツカールトンリザーブ」ホテルや、マカオの「MGMマカオ」ホテルなど、名だたる国内外有名ホテルのスイートルームや邸宅に数多く採用され、国際的にも高い評価をいただいています。
http://jaxson.jp/

 

(文:インテリア情報サイト編集部-4  /  更新日:2018.04.10)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ