nendo / onndoデザイン 総合美容施設「SHISEIDO THE STORE」オープン

 

nendo / onndo  デザイン
資生堂の総合美容施設「SHISEIDO THE STORE」
銀座にグランドオープン

 

 

2018年1月19日(金)に銀座にグランドオープンした資生堂の総合美容施設「SHISEIDO THE STORE」の空間デザインをデザインオフィスnendo(代表:佐藤オオキ)と空間デザインオフィスonndo(代表:青野恵太)が手掛けました。

 
 

 

銀座にオープンした総合美容施設「SHISEIDO THE STORE」は、資生堂の知見、技術、ブランド価値を体現したフラッグシップストアとして、多様化するお客さまのニーズに応えるために、化粧品販売をはじめ、美容サービス、撮影サービス、美容レッスンなどのコンテンツが用意されています。
 


 

建築の顔でもあるファサードには、ストリングカーテンを使用。日本の伝統的な結び方である「あわじ結び」と呼ばれる結び目を部分的につけることで、遠目から見ると「花椿ロゴ」の輪郭が浮かび上がるようになっています。結び目は、伝統と創造を結ぶ象徴であると同時に、お客様との末永い御縁という願いも込められています。

 

 

 

1F BEAUTY SQUARE 1
化粧品


 



 

STYLING BAR
ヘアメイクアップカウンター

 


 

 

 

 

2F BEAUTY SQUARE 2
化粧品・カウンセリング

 

 

 

 

3F BEAUTY BOOST BAR & PHOTO STUDIO
ヘアメイクアップサロン&フォトスタジオ


 

 

 

3F ESPACE CLĒ DE PEAU BEAUTĒ
エステティック・サロン


 

 


 

4F PERSONAL BEAUTY SESSION
個室での美容レッスン


 

 

 

 

| コンセプトは「インテリアを化粧する」で資生堂の世界観を表現

「インテリアの施工」と「メイクアップ」に共通する要素を見出し、「インテリアを化粧する」をコンセプトに、資生堂のシンボルマーク「花椿」のシルエットが空間のモチーフです。

 

「メイク用コットン」をほぐして仕立てた壁紙や、「アイシャドウ」を「化粧用ブラシ」で大理石のように仕上げた壁面、各フロアのフローリングに採用した天然木には、資生堂のさまざまな商品に使われている「椿油」を塗布するなど、「インテリアを化粧する」ことで資生堂の世界観を表現しています。

 

 


 

さらに、「花椿」のシルエットをそのまま引き伸ばしたような筒状のキャビネットや、切り絵のように切り抜いたパンチングメタルの陳列台、張り子のように立体にした照明など、日本の伝統工芸にみられるプロセスを活用し、「花椿」モチーフを空間内のいたるところで展開しています。


Photos:太田拓実、玉村敬太、吉田明広

 

 

【店舗概要】
SHISEIDO THE STORE
所在地:東京都中央区銀座7-8-10
営業時間:11:00~20:00(不定休)
thestore.shiseido.co.jp

 

 

 

onndoは、世界的デザイナーの佐藤オオキ氏が代表を務めるデザインオフィス「nendo」と株式会社乃村工藝社が業務提携し、2016年3月に結成され、DFA賞(アジアデザインアワード)にて数々の賞を受賞するなど、今非常に勢いのある世界的な空間デザインオフィス。
www.onndo.jp

 

 


http://www.nendo.jp/

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2018.01.22)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ