パナソニック シャワールーム「i-X INTEGRAL SHOWERROOM」を発売

 

パナソニック 上質なくつろぎの空間を実現
光と陰影をデザインしたシャワールーム
「i-X INTEGRAL SHOWERROOM」 発売

 


パナソニック株式会社 エコソリューションズ社(以下、パナソニック)は、マンション・ホテル向けユニットバス「i-X INTEGRAL BATHROOM(イークス インテグラル バスルーム)」のコンセプトを受け継いだシャワーユニット「i-X INTEGRAL SHOWERROOM(イークス インテグラル シャワールーム)」を2018年1月11日より発売します。

 

「i-X INTEGRAL」は、日本人の感性や美意識を追求したデザインとパナソニックの先進技術を融合し、製品の持つ上質感のさらなる向上を目指して2015年に発売したシリーズです。目指したのは日本人がより心地よいと感じる浴室空間の創造。日本人的な美意識である「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」をテーマに先進のLED技術と繊細な印刷を組み合わせ、光とともに陰をデザインし、「光と陰影を表現する壁」で新しい形の空間を演出しています。

 

今回発売するシャワールームの壁面に「リフレクトパネル」を採用し、繊細な光の角度や強弱、色温度により、視覚的な変化を楽しめます。また、国内主要サイズよりも大きい0912(900 mm X 1,200 mm)サイズとすることで、光と陰のデザイン性を保ちながらも、これまでになかった奥行きのある空間を実現しました。

 

 

 

|   「点・線」の2タイプのLED照明により、上質な浴室空間を演出

「影」を強く出すことによりメリハリのある印象になる「点」照明と、均一に空間を照らすことでやわらかな「影」を作り、穏やかで優しい印象になる「線」照明の、2タイプのLED照明で構成。「光」と「影」をコントロールすることにより、上質なシャワー空間の演出を実現。線の照明には調光調色機能を装備しています。2,700Kの電球色から4,000Kの白色へシームレスにコントロールすることが可能で、シーンにあわせて調光調色を楽しむことができます。

 

 

 

 


| 光の種類や変化を受け止め、美しい空間を表現する壁「リフレクトパネル」

壁面の素地にはシルバーメタリック色を採用し、これまでにない繊細な表現を実現。光の角度や強弱、色温度により視覚的な変化を楽しむことができます。

 

 

| 従来国内主要サイズでは得られなかった、快適性を提供する「0912(900mm×1200mm)サイズ」

国内ホテル市場がインバウンド需要に大きく牽引される中、国内の主要サイズである0812(800mm×1200mm)サイズより100mm大きな0912(900mm×1200mm)サイズとすることで、“ゆとり”ある快適な空間を提供します。また、光を取り入れる採光目的や鑑賞目的のために取り付けられる開閉しない窓、「FIX窓」との併用によって、空間の連続性による“広がり”も演出できます。

 

 

 

【商品概要】
ホテル・マンション向けシャワーユニット
「i-X INTEGRAL SHOWERROOM(イークス インテグラル シャワールーム)」
希望小売価格:1,600,000円(税抜・工事費別)より(ピンホールLED仕様、0912サイズ)
※上記価格は、GRGW0912SPHA ピンホールLED照明ベースプランの場合)
発売日:2018年1月11日

 


http://sumai.panasonic.jp/bathroom/i-x/sp/

 

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2017.12.12)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ