天童木工東京ショールームにて「 40・50・6 0」展を開催


当時のカタログ写真より 1976 40   1966 50    1956 60

 

貴重な家具の展示や当時の先端技術を紹介。
天童木工東京ショールームにて「 40・50・6 0」展を開催。



株式会社天童木工は、今年で 40周年、50周年、60周年を迎える 3つの製品を紹介する企画展を東京ショールームにて開催します。


スウェーデンの家具デザイナーの巨匠、ブルーノ・マットソンがデザインしたマットソンシリーズを発売したのが1976年。当時の先端技術だった “コマ入れ成形”を大胆に取り入れてデザインしたヘロンロッキングチェアを発売したのが1966年。そして、今では天童木工のアイコンともいえるバタフライスツールを松屋銀座にて発表したのが 1956年です。
 

 

今回の企画展では、この 3つの家具にフォーカスを当て、生まれた背景や技術的な解説、さらにはそれぞれのデザインを実現させた成形合板の技術などを紹介します。特に、バタフライスツールについては、(一財)柳工業デザイン研究会からご協力をいただき、これまでに製造された中でも発表当時の貴重なバタフライスツール実物を展示します。

天童木工の歴史、ひいては日本の家具デザインの歴史を語る上でははずすことのできない 3つの家具の物語をぜひご覧ください。

 

 

 



また、企画展開催にあわせて、今年 8月に世界中を沸かせた卓球競技の公式競技台“infinity”を東京ショールームへ展示されます。そして、その卓球台をデザインした澄川伸一氏によるトークショーを開催します。どのようにしてあのデザインに辿り着いたのか、そのプロセスと結果である卓球台を、ぜひ間近でご覧ください。

 

「40・50・60」展 関連イベント
澄川伸一氏トークショー
「リオ卓球台とバタフライスツールは関係していた!」
■ 日時:2016年11月3日(木・祝) 15:00より(14:30開場)
■ 場所:天童木工 東京ショールーム
■ 入場:無料
※お申し込みはメールアドレス saito.s@tendo-mokko.co.jp へ、
 件名「トークショー申し込み」とご記入の上、お名前と人数を明記してお送りください。
※定員(60名)を上回るお申し込みがあった場合はお断りする場合があります。
  
  
デザイナー 澄川伸一
http://www001.upp.so-net.ne.jp/sumikawa/
 
 三英 infinity
http://www.sanei-net.co.jp/index.html
 

 

 

【開催概要】
天童木工「 40・50・6 0」展
場所:株式会社天童木工 東京ショールーム
住所:東京都港区浜松町1-19-2
期間:2016年10月27日(木)~11月 10日(木)
時間: 10:00~18: 00
協力: 一般財団法人柳工業デザイン研究会、有限会社フォルムSKR
入場料:無料
http://www.tendo-mokko.co.jp/info/?page_id=826

 

 

 

 

http://www.tendo-mokko.co.jp/

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-3  /  更新日:2016.10.19)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ