エマニュエル・ムホーのフルラ 2016春夏コレクション展示会 「hanami」

 

ABCクッキングスタジオや巣鴨信用金庫のデザイン・建築設計を手掛けている東京在住フランス人建築家・デザイナー エマニュエル・ムホーから、新作のお知らせが届きました!!
 

「Bonjour! 5月に行われた、イタリアのライフスタイルブランドFURLA(フルラ)の2015秋冬コレクションの会場構成に引き続き、2016春夏コレクションの会場構成も手掛けました!そして中央通り沿い銀座店のリニューアルオープンに合わせてスペシャルウィンドウ "en" を、それに続いてホリデーウィンドウ "yuki" も手掛けました。銀座にお立ち寄りの際は是非ご覧ください!」エマ

 


フルラ 2016春夏コレクション展示会 | hanami


FURLAの2016春夏コレクション展示会を増上寺で開催。2015秋冬コレクションに引き続き、今回も会場構成と新たなコレクションを彩るインスタレーションを手掛けた。

増上寺光摂殿内で行われた前回の展示会と変わり、今回はその手前にある半屋外のピロティが会場となった。黒い空間で作られたレセプションを通り抜けると、カラフルな春の世界が来場者を出迎える。「hanami」と名付けたインスタレーションはピロティの柱を木の幹に見立て、上部に細く長い紙を密集させたカラフルな花の咲く木をイメージ。僅かに揺れる細い色の線で作られた花の間から、色に染まった木漏れ日が差し込む。凛と佇む色とりどりの木が並ぶ光景はまるで公園の一角にたどり着いたかのように思わせる。本コレクションのテーマである「lights of color」を連想させる幾何学模様や大胆な色使いが施された商品は、花々の色と呼応するようにディスプレイされている。木の幹にはそれぞれ棚を設け、咲き誇る花の下で花見をしながら新作コレクションを堪能する。明るく清々しいインスタレーションと展示品と共に、春夏の季節を肌で感じられる会場となった。

 

動画を是非ご覧下さい(画像をクリックするとブラウザで再生します)
Photo & Movie : Daisuke Shima / Nacasa & Partners

 

 

 


フルラ銀座店 ホリデーウィンドウインスタレーション | yuki (11/21〜12/25)

FURLA銀座店ウィンドウのために2回目となるインスタレーションを手掛けた。カラフルな雪が舞い降りる様子を表現したウィンドウは、クリスマスの夜まで展開。冬めく街に、少し早い雪を届けるインスタレーションとなった。

「雪」と名付けたインスタレーションは、2011年に発表した「toge」を新たな形で蘇らせた。遠目からは浮かび輝く雪の結晶のように見え、近くで見ると鋭く尖った棘、と相反する表情を楽しめる。53,000本の細い色の線が幾重にも重なり合い、ウィンドウに奥行感を与え、行き交う人々の目を惹く。白い雪に赤いバッグやアクセサリーを合わせたウィンドウから始まり、雪とブルーのバッグ、そしてカラフルな雪のウィンドウへと徐々に変化していく。思わず触れてみたくなる雪が冬の訪れと共に舞い降りた。
※12月25日までFURLA銀座店でご覧頂けます(東京都中央区銀座4-5-1)

 

togeについて

2011年、DESIGNTIDEで発表。
「toge」はモジュール型のプロダクト。個々では棘のように硬く鋭いが、互いを自由に絡めることで自立し優しく柔らかい空間を構成することが出来る。硬いけれど柔らかそう、痛そうだけれど優しくも見える相反する感覚を持ったコンセプチュアル作品である。

 

Photos: Daisuke Shima / Nacasa & Partners

 

 

 


フルラ銀座店 リニューアルオープン ウィンドウインスタレーション | en (10/8〜11/20)

 
>> 動くインスタレーションを是非ご覧ください

 

FURLA銀座店がよりラグジュアリーな空間へとリニューアル。銀座中央通りに面する5つのウィンドウにリニューアルオープンを彩るためのインスタレーションを手掛けた。

前回の秋冬コレクション2015に引き続き、FURLAプロジェクトで大事にしていることは「一期一会」というキーワード。これを軸に今回は「縁」というインスタレーションをウィンドウに吹き込んだ。人との出逢いやモノとの出逢いは巡り合わせ - 縁(えん)である。出逢いは繋がりをもたらし、その先も新たな出逢いへと繋がっていくことをウィンドウに表現した。ウィンドウの中でまるで時間がゆっくりと進むかのようにその場でまわる100色+ゴールドの円(えん)は、動く度に周りの円と重なり合い、繋がっていくように見える。5つのウィンドウは、店舗のコンセプトカラーであるゴールドの円で埋め尽くしたウィンドウから始まり、少しずつ色の円と混ざり、100色の円のウィンドウへと色を変えていく。
 

Photos: Daisuke Shima / Nacasa & Partners

 

 

エマニュエル・ムホーエマニュエル・ムホー PROFILE

東京在住フランス人建築家・デザイナー。日本古来のデザインを現代にも活かしたいという想いから、伝統的な間仕切りにヒントを得た色とりどりのパーティションシリーズ「色切/shikiri」を編み出す。その「空間を色で仕切る」というコンセプトから、色を平面的ではなく三次元空間を形作る道具として扱い、建築、インテリアデザイン、プロダクトデザインまで幅広く手掛ける。
東北芸術工科大学准教授、東京建築士会正会員、日本建築学会正会員

emmanuelle moureaux architecture + design
http://www.emmanuelle.jp/

 

(文:インテリア情報サイト編集部-9  /  更新日:2015.12.21)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ