SHI・KI・LI 展 UDMが提案する「空間を使いこなす壁」

SHI・KI・LI 展

 

インテリア部材の調和をかなえる新しい間仕切りシステムの提案


住宅における様々な内装部材の色、形、素材の心地よい調和を目指して、開発検討を続ける「UDMプロジェクト(UNITED DESIGN OF MATERIALS PROJECTS)」は、発足から11年目を迎えます。

本展では、2014年度の開発テーマ「間仕切りを活用した空間を使いこなす壁」から生まれた新しいシステムを紹介します。住空間における時間や環境の変化に対応できる、エコロジーで想像性の高いパネルユニット「SHI・KI・LI」は、空間と美しく調和し、コーディネートしやすい仕様です。再生紙からできたハニカムコアや段ボールで作成されたパネル、和紙やシートなど表情豊かな仕上げ材、後付け可能な自由度の高いレール等、複数の企業が参加するプロジェクトならではの間仕切りシステムを原寸で展示します。

 

SHI・KI・LI 展SHI・KI・LI 展

 

展示内容/コンセプト

□ SHI : 紙
段ボール素材を活用し、軽量で環境に配慮したパネル仕上げ。表層は和紙やシートなど微妙な色彩と質感の変化を楽しめる多数のバリエーションを用意。レールは上(下)を後づけで手軽に設置可能。

□ KI : 着せ替えるDIY
部屋の雰囲気・機能をDIY感覚で着せ替えられる間仕切りを提案。手軽で高品質な仕上がりを期待できるシステムを追求。

□ LI : LIFE STYLE
お互いの気配を感じる程度に仕切ることでつながりのある生活を楽しみ、ライフスタイルに応じた住環境の可変性を実現。


実行委員

三沢亮一((株)ミサワアソシエイツ)、橘田洋子((株)シトラス/駒沢女子大学)、熊谷正信((株)イクス/愛知産業大学)、茂木弥生子(駒沢女子大学)、須藤真希((株)MAI)


参加企業

アイホン(株)、(株)カイダー・ベースボード工業、(株)ガスター、(株)シモダイラ、(株)シルファー、神保電器(株)、住友ベークライト(株)、(株)ダイナワン、大日本印刷(株)、東京ガス(株)、東リ(株)、日本化工機材(株)

 

開催概要

会 期:2014年8月16日(土) ~ 9月2日(火) ※水曜日(祝日を除く)休館
時 間:10:30 ~ 19:00
会 場:リビングデザインセンターOZONE(7F リビングデザインギャラリー)
    〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー
主 催:UDMプロジェクト実行委員会
協 力:(株)ハナムラトレーディング、(株)丸二、リビングデザインセンターOZONE
入場料:無料
問い合わせ先:03-5322-6500(10:30 ~ 19:00 水曜日休館)
URL:http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/1705.html

 


リビングデザインセンターOZONE


〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
http://www.ozone.co.jp/

 

 

(文:PR_K PR制作部-5  /  更新日:2014.07.30)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ