和食器シリーズ『ディズニーコレクション/日本生活』からプーさんの波佐見焼

asplund_disney_hasami.jpg

株式会社アスプルンドより、日本を代表する陶磁器産地の技とアソビゴコロをこめて。
これまでにない、夢のように楽しい「オトナディズニー」の和食器シリーズ『ディズニーコレクション / 日本生活』の第二弾、プーさんの波佐見焼が発売されます。
※波佐見焼:長崎県東彼杵郡波佐見町で生産される、染付や青磁を中心とする磁器。江戸期から染付磁器 ( 白地に藍色で模様を施したもの ) の生産量が日本一であったといわれる大産地。

 

HM_9877.jpg

HM_9879.jpg

ミッキー、ミニーの九谷焼に続き、第二弾は長崎県東彼杵郡波佐見町で生産される波佐見焼の和食器でプーさんの世界を表現しました。

ディズニーキャラクターとの旅をトータルでディレクションしたのは、今回も注目の姉妹ユニット「Style Y2(スタイル ワイツー)」。 誰しもココロの奥底に慣れ親しんだキャラクターたちとの思い出があります。そんなオトナの皆様にこそ楽しんでいただけるラインナップに仕上がっています。
 

波佐見の感性が息づいた “ 世界中でココでしか作り得ない ” 自慢のシリーズ。
発売は3月上旬からアスプルンドの ECサイト及び全国のインテリアショップを中心に順次展開いたします。ギフトにも最適なディズニーコレクションをお楽しみください。

HM_9972.jpg

HM_9983-Edit.jpg

HM_9986.jpg

HM_0008.jpg

※波佐見焼の画像は全て ©DISNEY. Based on the “Winnie the Pooh” works by A.A. Milne and E.H. Shepard.

 

「波佐見焼 / ディズニーコレクション」パートナー
有限会社マルヒロ

logo-mark_logo_01.png波佐見焼の真骨頂ともいうべき染付(白地に藍色の紋様を施した磁器)の、新たなチャレンジに果敢に取り組みました。「上絵」と異なり、 本焼きと同時に絵付けがなされる「染付」では、磁土の収縮が起きます。そうした制約の中、ディズニーキャラクターたちの愛くるしい表情を正確に表現できているのは、職人の熟練した経験と技術があってこそです。Y2の下絵そのままに器に写し取るために、様々な産地の知恵と努力が結集しています。
http://www.hasamiyaki.jp/maruhiro/

 

「ディズニー / 日本生活」企画/プロデュース/デザインおよび元絵制作
Style Y2(スタイル ワイツー(有井ゆま・ユカ))

東京都中央区出身の姉妹コンビ。商品企画を軸とした様々なコンセプトワーク、デザインワークを手がける有限会社スタイルY2インターナショナルを2005年に設立。国内の伝統工芸・地場産業のメーカー企業と共に商品開発に取り組むモットーは「むりせず、たのしく」。素材や技術の本質を見据えながらユーモアに富んだヒット商品にアウトプットする独自の手法に定評がある。2013年3月にはテレビ東京「ソロモン流」に出演。
URL:http://y2int.com/

 

asplund_logo.png

お問い合わせ先
株式会社アスプルンド
import@asplund.co.jp

 

(文:インテリア情報サイト編集部-7  /  更新日:2014.04.04)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ