岩田三宝製作所 軽く抗菌性の特性を持つヒノキで作られたインテリアブランド「NUSA」を発表

 

 

 

収穫や豊作の祈りをするお月見で使用する三方を
300年作り続ける株式会社岩田三宝製作所より
軽く抗菌性の特性を持つヒノキで作られたインテリアブランド「NUSA」を発表
第一弾は、ヒノキ独特の抗菌性を生かしたお弁当箱を発売!

 

 

 

木曽檜材を使用し三方作りを行う株式会社岩田三宝製作所は、国産ヒノキを素材に愛知の伝統工芸品尾張仏具の『三方』の技術を使いながら加工したお弁当箱をはじめとする、生活用品のシリーズ「NUSA」ブランドをスタートいたします。

 

第一段は、料理研究本や弁当研究家としても著名な野上優香子監修のもと、プロダクトデザイナー島村卓実がデザインを手がけたお弁当箱です。私たちの考える現代の三方のブランドがNUSAです。神様に捧げる供え物“特別なギフト”という意味です。旅立ちのときの贈り物としてや厄を祓う際に紙や麻布を切って垂らして祈りを捧げます。「NUSA」では三方で頻繁に使われる、木曽のヒノキをつかい、曲げ加工や折加工を職人が手加工で一つ一つ行い、お弁当からトレイ、ボウルや折り畳みスツール、テーブルなど多くのジャンルにわたって展開していきます。
 

 

<NUSA>
日本には三方といういにしえより神道の神事において使われる神饌を載せるための台があります。一般家庭でも十五夜を祝う時につかうお月見台が三方です。「筒胴(とうどう)」と呼ばれる土台の上に「折敷(おしき)」と呼ばれるお皿が載っています。この折敷の上に白い紙などを敷き、月見団子を並べてお供えします。

収穫や豊作の祈りをお月様にするものです。古代には、高貴な人物に物を献上する際にも使用されました。寺院でも同様のものが使われますが、三宝(仏・法・僧)にかけて三宝(さんぽう)と書かれることもあります。

筒胴の三方向に眼像(くりかた)と呼ばれる穴があり、穴の形も仏教で宝珠と呼ばれる災難を避け、濁水を清くするといわれる珠(たま)の形なのです。
 


三方を300年前から作り続ける株式会社岩田三宝製作所の考える現代の三方のブランドがNUSAです。神様に捧げる供え物”特別なギフト”という意味です。国の伝統工芸の指定も受け、古くからの伝統を守りながら現代のシーンにあう製品を模索しています。
 

 

 

<商品紹介>



BENTO

軽いヒノキの特性とヒノキの持つ抗菌性や加工のしやすさを生かして制作。曲げわっぱと同じく被せ蓋式のケースで、一方に三方と同じ穴を開けています。穴は空気がとおるので蓋の開閉がしやすくするためですが、本体に付属の防水シールを貼ることで、持ち主がわかったり、弁当の種類がわかったりできるようにしています。防水シールは6色展開で気分に合わせてお使いいただけます。
 

本体と蓋は国産ヒノキを素材に、愛知の伝統工芸品尾張仏具の『三方』の技術を使いながら加工しています。天然の木を使っているため、ヒノキの爽やかな香りにご飯にも相性もよく、ヒノキ独特の抗菌性もあるので安心してお使いいただけます。間仕切り付きタイプはおかず入れなどにお役立てください。お弁当箱として、または乾燥菓子の保存や、お茶の保存など食品の保存にもお使いいただけます。

 

 


<NUSAプロデューサー>


NUSA弁当プロデューサー 野上優佳子

料理家・弁当コンサルタント。お弁当歴30年以上、使ったことのあるお弁当箱も300種類を超える。お弁当レシピ本をはじめ著書15冊以上、新聞、雑誌、TV、ラジオ、ウェブなど多メディアで活動中。日本国内だけでなく、海外でも弁当に関する講演やワークショップを展開。弁当箱のプロダクト開発も手がけ、竹粉とコーヒーかすを主原料にした土に還る弁当箱を台湾と共同開発した。国立研究開発法人 水産研究・教育機構「SH“U”N project(サスティナブルでヘルシーなうまい日本の魚プロジェクト)」外部レビュー委員、東京学芸大学こども未来研究所教育支援フェロー。2女1男の母。株式会社ホオバル代表。

 


デザインプロデューサー・プロダクトデザイナー/ 有限会社クルツ代表取締役 島村卓実

プロダクトデザイナー。PDAから車、バス、建築、家具など幅広いデザインを手がける。間伐材デザイン「monacca」はMoMA(ニューヨーク近代美術館)での販売をはじめ各国のデザイン展示会にも積極的に参加することで世界市場での販売に成功を納めた。グッドデザイン受賞多数あり。インテリアライフスタイル展エルデコ賞受賞、インテリアライフスタイル展日本デザインコンサルタント賞受賞、日本流行色協会(JAFCA)オートカラーアォード審査員。http://qurz.jp/

 

 

株式会社岩田三宝製作所とは
徳川中期の頃より、代々受け継いだ三宝作りの技術と木曽檜材へのこだわりで、よい物をより安く提供する為に機械化,合理化をはかりながら技術伝承を続けている。日本人の神仏に対する伝統の心を大切にしていく企業。

<株式会社岩田三宝製作所>
URL: http://iwata-ss.co.jp/

 

(文:PR-C_PR制作部-5  /  更新日:2021.01.26)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ